画像1: 一木美里のおいしくたべようの会 vol.17
『きれいな空気の味』#朝ごパン #札幌

一木美里です。
本日お誕生日を迎えました♫
親友たちにカウントダウンでお祝いしてもらって幸せいっぱいです。
今週のテーマは「朝ごパン」。
先日訪れた札幌で見つけたパン屋さんをご紹介します。

画像2: 一木美里のおいしくたべようの会 vol.17
『きれいな空気の味』#朝ごパン #札幌

札幌の駅前は東京の中心地と何も変わらないくらい栄えていて、
人通りも多いのに、空と空気が東京の何倍も澄んでいる。
北海道の人からすれば暖かい、
わたしからすると寒くてつんとした空気の中、
駅前から北海道大学の方へ歩いて行く。

木でできた小さな自転車が置いてあるパン屋さん、
「ぱん吉」の店内は午後3時を過ぎたその頃は残りのパンがまばら。
翌日の朝食べるパンを買うときいつも、
翌朝の自分の気持ちを想像する。
明日の自分の気持ちがはっきりわかるときと、
そうでないときの差は、
自分をよくわかっているときと、そうでないときの差にも思えた。

画像3: 一木美里のおいしくたべようの会 vol.17
『きれいな空気の味』#朝ごパン #札幌

宮前屋珈琲を買ってきて、
パンたちを並べる。

人気商品のクロワッサンクリームコロネ。
北海道の発酵バターがたっぷりのサクサクした生地と、
甘いのに重すぎないたっぷりカスタードクリーム、
かけられている粉砂糖、
全部が緻密に計算されてるみたいにおいしくて、
ちょっと冷たいカスタードクリームの風味が幸せ。

ハードパンのフィグノアは道産小麦を100%使用、
クルミといちじくとカレンズがたっぷり練り込まれていた。
カレンズはレーズンの一種で、少し小さめの品種。

画像4: 一木美里のおいしくたべようの会 vol.17
『きれいな空気の味』#朝ごパン #札幌

どこか風味がやわらかく甘い気がしたのは、
道産小麦のおかげかも。
それに、空気の味、というものがある気がした。
きれいな空気の中つくられた材料たちで、
きれいな空気の中つくられたもの。
それはすごく特別なものに思える。

きれいな空気の中に置いておけたなら、
きっと心の味も変わるのかもしれないな。

ブーランジェリーぱん吉

【TEL】011-756-6230
【adress】北海道札幌市北区北八条西4-18
【time】9:00~19:00
【day off】日曜・祝日

一木美里 Misato Ichiki
歌手、DJ、SamanthaThavasaグループブランドレップ。
1989年12月6日生まれAB型。学生時代より読者モデル、リポーター、バックダンサーなど多岐に渡って活動。
SNSや雑誌を通してファッション、ライフスタイルを発信中。
【公式instagram】▶︎ https://instagram.com/misato_ichiki/

コメントを読む・書く
  |  

This article is a sponsored article by
''.