転倒リスクが大幅に減少!

アメリカ・ラスベガスで開催されている「CES 2017(Cooperative Mobility Ecosystem)」で、ホンダが世界初公開の独自技術を発表しています。中でも注目は転倒リスクを回避するバランス制御技術。これは、バイク自体がバランスを補正することで、低速時や停車時のリスクを避けることができるもの。多くのライダーが自然に対応していると思いますが、この地味なストレスから開放されるのは嬉しいポイントでしょう。しかも、ハイスピードなスポーツ走行にも対応しているようです。

まだまだ「Honda Riding Assist」は開発途中でしょうが、将来の実用化に向け期待です!

画像1: Honda Riding Assist

Honda Riding Assist

●Honda Riding Assist
ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した、世界初公開の実験車です。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減します。一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現しています。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案です。

画像2: Honda Riding Assist

Honda Riding Assist

画像3: Honda Riding Assist

Honda Riding Assist

キャスター角とトレール量の変更を、自動に行なうことで、走行速度に適したバランスを確保。公式動画で見る限り、スポーツ走行も楽しめそうです!

画像: Honda Riding Assist youtu.be

Honda Riding Assist

youtu.be

HONDA 公式サイト

コメントを読む・書く
  |  

This article is a sponsored article by
''.