足裏は内臓も支えている

足裏には、その面積全てにツボがあるといっても過言ではないほどたくさんのツボがあります。これらのツボは、身体の臓器の働きを活発にしたり、調子を整えたりと、体の不調の改善に役立てることが出来ます。また、ツボ押すことで血液やリンパの流れも促すことができます。

ツボは不調を整えるだけでなく、食欲の抑制、脂肪燃焼、むくみの解消など、ダイエットにも効果的なのです!では、スリムになりたい方におすすめのツボをご紹介します。

足つぼでダイエットを促進!

では、ダイエットに効果的なツボをご紹介します。

① 食欲を抑える足つぼ

食欲を抑えるには、腎臓と副腎のツボが有効です。これらのツボは体脂肪の燃焼を促したり、過食を防いだりします。腎臓のツボは土踏まずの上に位置し、副腎は腎臓のツボのやや上に位置します。

② 下腹スッキリ足つぼ

下腹をスッキリさせるには、胃、小腸、大腸のツボを刺激します。これらのツボを刺激すると、老廃物や余分な水分を流しやすくします。また、「太陽神経叢(たいようしんけいそう)」のツボも、代謝が活発になり脂肪燃焼を促しますのでおすすめです。
太陽神経叢は、親指と人差し指の真ん中から3cmほど下に位置します。
胃は親指の3cmほど下に位置し、小腸と大腸は土踏まずの真ん中より下、広範囲に位置しています。

③ 脚のむくみスッキリ足つぼ

脚のむくみをスッキリとさせるためには「足心(そくしん)」と「心臓」のツボを刺激します。足心は腎臓の働きを活発にし、体内の水分量を整えます。心臓は下半身の血液の流れを良くします。足心は足裏のちょうど真ん中に位置し、心臓は左脚の中指と薬指の付け根から4cmほど下に位置します。

ツボの押し方

基本的なツボの押し方としては、押したい部位に親指の腹を当ててやや強めに押します。親指や人差し指の関節を使ったりしてよいですし、足つぼ専用器具を使って行うこともおすすめです。押す強さは、「やや強め」がポイントです。ちょっと痛いかな?くらいの圧で押しましょう。そして、5秒ほど指圧したらゆっくりとツボから指を離します。

ツボ押しをするときは出来るだけリラックスした状態で行うとより効果的ですので、いつもよりゆっくりと深い呼吸しながら行うと良いかもしれませんね。

おわりに

ツボは体の様々な不調を整えますが、体の状態によってはツボの刺激が強すぎることもあります。たとえば腎臓や心臓が強くない人、怪我をしている人などは足つぼの刺激が強すぎることがありますので避けた方が良いでしょう。
上手にツボ押しを活用して、体の調子を整えましょう。

コメントを読む・書く
Next
  |  

This article is a sponsored article by
''.