普通肌のスキンケアのポイント

普通肌は、とくにベタつきもカサつきもなく理想的な状態です。
ただし、普通肌だから大丈夫!と思ってケアを怠ると、肌の状態はすぐに悪くなります。
普通肌の方でも、心身的なストレスや季節の変わり目などによって肌のバランスが崩れることもありますので油断してはいけません。
ただ、普通肌の人は他の肌タイプと違い、肌が健康で強い状態ですので、スキンケアを怠ったり、食生活を乱れさせなければ、大きなトラブルが起きる可能性は低いでしょう。

乾燥肌のスキンケアのポイント

乾燥肌といえば、潤いが足りず、カサつきが気になる肌タイプですよね。
乾燥性は通常よりも肌が敏感になっている状態で、バリア機能も低下していることが多く、外部の刺激によってトラブルが起こりやすい状態になっています。

乾燥肌はただ単に肌の水分量が足りないから起きているわけではありませんので、まずは乾燥肌にってしまった原因探すことが重要です。

乾燥肌になる原因としては、
① 過度な洗顔
② 紫外線
③ コラーゲンの減少

などが考えられます。自分の乾燥肌の原因はどれなのかを見つけてから、それぞれのケア方法を見直しましょう。

オイリー肌のスキンケアポイント

オイリー肌といえば、肌のベタつきやテカリが気になるタイプの肌質です。
オイリー肌は、皮脂の分泌が過剰になっており、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなっていますので、肌荒れやにきびなどの肌トラブルが起こりやすいのも特徴です。
そんなオイリー肌のスキンケアのポイント「洗顔」にあります。

オイリー肌のスキンケアは過剰な皮脂を落としつつ、取り切らないことが重要です。というのも皮脂というのはある程度必要なものですので、スッキリと摂り過ぎると「皮脂がない!出さないと!」と、肌が慌てて皮脂を出そうとするのです。皮脂を摂り過ぎれば摂り過ぎるほど、皮脂は過剰に出ようとしますので、必要な皮脂は残すことを心がけてください。オイリー肌の場合、皮脂が気になるあまりごしごしと肌をこすってしまいがちですが、あくまでも泡で肌を転がすように洗いましょう。

おわりに

基本的にどの肌タイプもスキンケアの順番は同じですが、タイプによって使い加減を変えたり、とくに念入りにしなければならないポイントが変わります。
肌のタイプは季節や体調によっても微妙に変化しますので、今の自分の肌がどのタイプであるかを常に把握しておこくとも大切ですよ。
どんな肌タイプになってもすぐに対応できるようにしておきましょう!

コメントを読む・書く
Next
  |  

This article is a sponsored article by
''.