西川美和監督『永い言い訳』に俳優の本木雅弘が、2008年の『おくりびと』以来、7年ぶりに映画主演を務める。共演は20年ぶりの深津絵里。
第153回直木賞候補作にノミネートされた書き下ろし自らの小説を原作に、来年秋公開に向けて映画化する。

画像: http://news.mynavi.jp/news/2015/08/19/618/

http://news.mynavi.jp/news/2015/08/19/618/

原案・脚本を一手に担った西川監督は「これまでオリジナルで映画を作るときは、いつもはじめに脚本というかたちで物語を組み立ててきましたが、(本作は)予算や時間の制約、という映画的な課題をいったん据え置いて、先に小説というかたちで自由に物語を作ってみることにしました。そうすることで『豊かな無駄』をゆっくりと熟成し、登場人物や物語を練り込む時間が取れたと思います」と回想。また、「小説は私の持ちうる言葉の限りで多くを語っていますが、こんどは言葉では語り得ないものをいかにスクリーンに映し出すかが第二の挑戦になりそうです」と意気込み、「小説とは展開も設定も違えた部分がいくつもあります。私が原作者なので、それはもうやりたい放題です(笑)」「長きにわたる撮影ですが、キャスト、スタッフとともにあたらしい映画を探し求めて行きたいと思います」とコメントを寄せた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.