タウンガイドその3:渋谷駅周辺

交通アクセス
JR東日本:山手線・埼京線・湘南新宿ライン
京王電鉄:井の頭線
東京急行電鉄(東急):東横線・田園都市線
東京メトロ:銀座線・半蔵門線・副都心線

3つの街区と1つの地区の開発が同時並行する渋谷の壮大なプロジェクト

100年に1度の再開発と言われる東京渋谷の壮大なプロジェクトは、2012年にまず渋谷駅東口の旧東急文化会館の跡地に【ヒカリエ】が誕生し、今までハチ公口方面から西側のエリア(渋谷109・マークシティ・西武百貨店・東急本店・パルコ等)に向かっていた渋谷に訪れる人々の流れを東側エリアに向ける事に成功し、更に東急グループを中心とした渋谷駅周辺の再開発プロジェクトは現在、渋谷駅東口から恵比寿方面の明治通り沿いに延びる『渋谷駅南街区』(2018年度開業予定)、現在の渋谷駅の再開発を行う『渋谷駅街区』(2020年、2027年段階的開業予定)、2015年3月に閉館した旧東急プラザ周辺を開発する『渋谷駅道玄坂街区』(2018年度開業予定)、そして渋谷駅西口から国道246号線を超えて延びる『渋谷駅桜丘口地区』(2020年度開業予定)と3つの街区と1つの地区の再開発が同時進行で行われています。
さらに細かな開発エリアを含めれば、まさに“100年に1度”という言葉も納得というほどの規模を誇る壮大なプロジェクトが渋谷で行われています。
このプロジェクトについては、『渋谷文化PROJECT』の情報サイト内に詳細を見ることが出来るので興味を持たれた方はチェックしてください。

30年前は『公園通り』、20年前『センター街・渋谷109』、10年前『マークシティ』、そして現在は『ヒカリエ』に人の足が向いている。

渋谷の街は30年程前に西武グループが公園通りを中心としたエリアに【パルコ】や【西武百貨店】、そして東急グループが【東急本店】・【東急東横店】そして、【東急ハンズ】を次々に開店し、人の流れを渋谷駅の西側から神南のNHK方面に向け、その10年後、今から20年前には若者の文化の発祥地として【センター街】や道玄坂の【渋谷109】に移り変わり、京王井の頭線から南平台方面に抜ける【マークシティ】の完成で、OLを中心におしゃれで高級感のある雰囲気を西側エリアを中心に発展してきました。
しかし、2012年に駅東側に完成した【ヒカリエ】により、人の流れを拡散した方になっています。
私の体験でも少し前に渋谷駅東口にある歩道橋を歩いている際に、たぶん地方から遊びに来たのであろう20代前半ぐらいの女性2人組が渋谷のタウン情報誌を見ながら、“渋谷って向こう側(西側の事を指している)にもお店があるんだぁ。マークシティって書いてあるけど、全然知らなかったぁ。”、“ホントだね、ヒカリエだけじゃなくあっちにもお店があるんだね。”なんて会話をしているのを聞いて、昔から渋谷で働いている私からしてみたら、“えっ、渋谷と言えば西口だろ!?マークシティだけじゃなく、センター街や109があるのもあっちだぞ!!”なんて心の中でつぶやいてしまいましたが、明らかに今は人の流れは【ヒカリエ】に向かっているのは間違いが無いようです。

今後の再開発の完成により渋谷の街がどう変貌するか今から本当に楽しみです!!

渋谷駅からファイヤー通り方面に進めばその物件は存在する。

画像: プレミアムキューブG渋谷神南

プレミアムキューブG渋谷神南

画像1: 渋谷駅からファイヤー通り方面に進めばその物件は存在する。

物件名:プレミアムキューブG渋谷神南
東京メトロ渋谷駅[出口13]徒歩6分
JR線原宿駅[表参道口]徒歩7分
明治神宮前(原宿)駅[出口1]徒歩7分

あこがれの渋谷駅徒歩10分圏内で住める賃貸物件です。この物件に住んでればお友達に自慢できること間違いなしですね!

画像2: 渋谷駅からファイヤー通り方面に進めばその物件は存在する。

この物件へのお問い合わせは、
アンビションルームピアまで!
フリーダイヤル【0120-964-572】
メール【info@roompia.jp】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.