東京学生映画祭、TOHO シネマズ学生映画祭、京都国際学生映画祭の日本の三大学生映画祭のグランプリ上映を行う映画祭として第5回となる「日本学生映画祭」。
近年、ますますデジタル映像によって、活発になってきている学生映画。そのなかでも、東京、京都、TOHOの3つの映画祭は学生の三大映画祭として、定着してきています。
日本学生映画祭は、三大映画祭のグランプリ作品を一同に上映する。最高峰の学生映画祭イベントです。
このたび、2015年 10 月 22 日(木)〜31 日(土)の 10 日間開催の第 28 回東京国際映画祭との提携企画として開催されることが決定いたしました。

【上映作品一覧】


『小村は何故、真顔で涙を流したのか?』 監督:二宮健 近藤啓介 永田佳大
第 17 回京都国際学生映画祭 長編部門グランプリ
あらすじ:やるやる詐欺のバイトリーダー、小村昌士25歳。倦怠期の彼女・朋子との同棲生活に飽き飽きしていると、バイト先に可愛い後輩・雫ちゃんがやってくる。思いっきり一目惚れする小村の5秒先の未来とは。

『Ketchup Kid』 監督:Patrick Vollrath
第 17 回京都国際学生映画祭 短編部門グランプリ
あらすじ:ケチャップという変わった好みをもつポールは、父を亡くしてふさぎこみ、小学校でも孤立していた。いじめに苦しむアレキサンダーが学校にナイフを持ち込んでいることを知る彼は、ある日そのいじめ現場を目撃する。

『死亡動機』 監督:田中穂先
第 9 回 TOHO シネマズ学生映画祭 SF 部門グランプリ
あらすじ:――どこからも内定をもらえない私は、死ぬことにしました――就活につかれた若者の、すこしおかしな終活の物語

画像: 写真上から 『小村は何故、真顔で涙を流したのか?』 監督:二宮健 近藤啓介 永田佳大 『Ketchup Kid』 監督:Patrick Vollrath 『死亡動機』 監督:田中穂先

写真上から
『小村は何故、真顔で涙を流したのか?』
監督:二宮健 近藤啓介 永田佳大
『Ketchup Kid』
監督:Patrick Vollrath
『死亡動機』
監督:田中穂先


『うわさのねこ』 監督:谷阪萌瑚
第 9 回 TOHO シネマズ学生映画祭 SA 部門グランプリ
あらすじ:ある晴れた日、堤防で釣りをする2匹の猫。おしゃべりで自信家の大きな猫は「自分はお前より大きな魚を釣ることが出来る」と自慢し、小さな猫をバカにしますが小さな猫の目的は釣りとは違うところにありました…

『GYRØ』 監督:円香
第 27 回東京学生映画祭 アニメーション部門グランプリ
あらすじ:畔に住む象と女の夫婦が離れも近づきもせず繰り返す日常。二人の時が反復するたび、痕跡が見慣れた風景を覆い尽くしてゆく。矛盾や秘密を抱えつつも寄り添って暮らしている夫婦に、ある日事件が起こるが…

『雲の屑』 監督:中村祐太郎
第 27 回東京学生映画祭 実写部門グランプリ
あらすじ:東京から戻ってきた卓夫は、妹と姉から疎まれ仕事も上手くいかないでいた。
妹は狭い地元に飽き飽きし、都会へ出て行く事ばかりを考えていた。同じ頃、地元の不良だった幸雄は、弟分とネットワークビジネスを始める…

画像: 『うわさのねこ』 監督:谷阪萌瑚 『GYRØ』 監督:円香 『雲の屑』 監督:中村祐太郎

『うわさのねこ』
監督:谷阪萌瑚
『GYRØ』
監督:円香
『雲の屑』
監督:中村祐太郎

<東京開催>第 5 回日本学生映画祭
日程:第 28 回東京国際映画祭会期中 2015 年 10 月 22 日(木)〜31 日(日)
会場:未定
主催:日本学生映画祭
協力:東京学生映画祭・TOHO シネマズ学生映画祭・京都国際学生映画祭
今年度は、東京・京都の東西 2 都市での開催が実現!
第 18 回京都国際学生映画祭のプレイベントとして、「日本学生映画祭 in 京都」が 2015 年
11 月中旬に文化博物館にて開催されます。
<京都開催>日本学生映画祭 in 京都
日程: 2015 年 11 月中旬
会場・協力:京都文化博物館

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.