レストラン ロゼット『漆器で魅せる、フレンチディナー』

東京・丸の内のクラブレストラン「センチュリーコート丸の内」のメインダイニング「レストラン ロゼット」では、10月19日(月)~10月23日(金)の期間、宮内庁御用達の漆器「山田平安堂」とのコラボレーションによるディナーコース 『漆器で魅せる、フレンチディナー』(8品/12,000円/税・サ別)を提供します。

画像1: レストラン ロゼット『漆器で魅せる、フレンチディナー』

『漆器で魅せる、フレンチディナー』では、料理の味や香りを舌や鼻で味わうだけでなく、漆器や調度品を見ながら、五感の全てでお楽しみいただきます。器は、料理を見せる舞台装置として重要な役割を果たします。通常は、料理に合わせて器を選びますが、今回はそれぞれの漆器に合わせて料理を工夫して仕上げました。フレンチではあまり使用されることのない漆器とのコラボレーションをお楽しみください。

画像2: レストラン ロゼット『漆器で魅せる、フレンチディナー』

■ レストラン ロゼット 『漆器で魅せる、フレンチディナー』 概要
・期間
 10月19日(月)~23日(金) 18:00~23:30 (L.O. 21:30)
・料金
 12,000円(税サ別)
・場所
 「レストラン ロゼット」(センチュリーコート内)
   http://www.century-court.com
   千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 B1F
   TEL.03-3213-1711
・料理
  野菜のテリーヌと魚介のマリネ
   色とりどりな野菜のテリーヌをサフランソースにて。
   産地直送の魚介とフルーツのサラダを添えて。
  黒さつま鶏と茸のヴルテ
   鹿児島・霧島の黒さつま鶏のロティに
   山形産マッシュルームのスープを注いで。
  長崎産白身魚のヴァプール
   白身魚を帆立貝のムース、フレッシュハーブと供に香り蒸しにして、
   彩り野菜を添え、ホウレン草香るジュ・ド・クラムを注ぎます。
  国産牛サーロイングリエと牛舌のブレゼ
   ロゼに仕上げたサーロインと牛舌の赤ワイン煮、
   野菜をキューブに揃え、黒トリュフのソースにて
   お召し上がりいただきます。
  プティ・フール
   2種類のパート・ド・フリュイと小さな焼き菓子。
   ロゼットをイメージして。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.