画像: 熱海/丹那牛乳サブレと釜鶴のアンチョビ

熱海/丹那牛乳サブレと釜鶴のアンチョビ

いつも干物やらなにやら色々買うのですがそれにも飽きて、今回の 熱海みやげはこのふたつ。
ミクラスそばのセブンイレブンで、ラスクと共に売っていましたが、クッキー類に目がないのでサブレをチョイス。
この手の菓子には、トランス脂肪酸が心配なショートニングやマーガリンなどが入っていることが多く、可愛いな~と思いつつも買うのはムリかな、と原料表示を見てみたら!なんとシンプルで真っ当なこと。ちゃんとバターを使いミルキーな風味に焼き上げられています。500円で10枚。5枚ごとにプチプチに包まれていて、持ち帰り時の割れにも配慮が。静岡限定だしコレはいいですね。
もうひとつは、私が日本一美味しいアンチョビと思っている干物屋の釜鶴自家製アンチョビ。パッケージも可愛いでしょ?
ひと瓶千円足らず。油の質もさることながら、なんといっても特徴はそのフレッシュさ!
我が家では伝統的レシピのバーニャカウダソースをいつも作り置きしているのですが、その時使うフツーの缶詰アンチョビははじめからほぼ身が崩れています。だからソースにはいいけど、キャベツとアンチョビのパスタなどに使う時はいまひとつ。
瓶詰めアンチョビは概ね身がしっかりしているものですが、コレはそのままつまみにできるほどのレベル。もちろんかなり塩辛いので、一切れが隠れるほどたっぷりのハーブや野菜と共に。色々試しましたがフレッシュのオレガノが合いました。
釜鶴さんはバス停の銀座近く、サンビーチからも歩けます。駅近くではなく他に出店もしていないようですが、割と良いものがほかにも置かれています。ミクラスからはお散歩がてら、必ず立ち寄る一軒です!

ameblo.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.