映画『シェル・コレクター』

アメリカ人作家アンソニー・ドーアの処女作の短編集の一編を基にしたヒューマンドラマ。

画像: 映画『シェル・コレクター』

沖縄の離島に一人で暮らす盲目の貝類学者と奇病を患った女性画家の交流を映し出す。
メガホンを取るのは『美代子阿佐ヶ谷気分』などの坪田義史。『そして父になる』などのリリー・フランキー、『愛の渦』などの池松壮亮、『リトル・フォレスト』シリーズなどの橋本愛、『キャタピラー』などの寺島しのぶら、実力派が顔を揃える。

「理解しようとするのではなく、感じてもらいたい映画」と監督自身がおっしゃっていたようにボクは理解できなかった…。悔しい…。もっかい観ようかな。監督の“妄想”とか“夢”なのかな。とにかく独特な世界観。衝撃的だった。不気味だった。

透き通った海や真っ白な砂浜、生物など含めて映像がすごくキレイでその中にいるような感覚だった。貝だけは気持ち悪かったけど…。不思議なのは沖縄の離島の海なはずなのに、爽やかさも感じず、温かさも感じず、暗くて恐ろしい感じだったことだね。音楽も良かったなあ。

戦闘機とか、環境破壊とか、戦争とか、自然破壊とか、愚かな人間とそれがイヤで自分の殻に閉じこもる主人公とが対比させられていたんだろうか。登場人物の台詞や行動の意味をイチイチ考えると疲れそうなんだよね…。観た方の感想を拾い集めてボクなりに理解したい、感じたい。

シネフィル編集部 あまぴぃ

画像: 映画『シェル・コレクター』予告編 youtu.be

映画『シェル・コレクター』予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.