フィルムセンターの上映企画「自選シリーズ 現代日本の映画監督」は、1980年代以降の日本映画を牽引してきた映画監督に、自作の中から上映作品を選定していただき、そのデビューから現在までの足跡をたどることによって、現代日本映画の原点を探る試みです。
 第4回は、日活ロマンポルノ製作初期の1974年に日活に入社し、藤田敏八、曽根中生らの助監督を務めたのち、78年に異例の若さで監督に昇進し現在に至る、根岸吉太郎監督を取り上げます。

画像: http://news.livedoor.com/article/image_detail/11261175/?img_id=10000314

http://news.livedoor.com/article/image_detail/11261175/?img_id=10000314

根岸監督は脚本の荒井晴彦、田中陽造らとのコンビで才気あふれるロマンポルノ作品を次々に生み、81年、フリーとなりATGで撮った初の一般映画『遠雷』で早くもブルーリボン賞監督賞を受賞。以来、一作ごとに抑制の効いた演出で、さまざまな女と男の姿を見つめ続けてきました。新たなテーマへの挑戦も感じられる2000年代の近作も含め、16作品(12プログラム)を上映します。恒例となった監督のトーク・イベントも実施いたします。

上映作品

1 オリオンの殺意より 情事の方程式/女教師 汚れた放課後

2016年3月15日7:00 PM@大ホール 2016年3月25日3:00 PM@大ホール
オリオンの殺意より 情事の方程式*(73分・35mm・カラー)
1978(日活)(監)根岸吉太郎(原)勝目梓(脚)いどあきお(撮)森勝(美)菊川芳江(音)浅岡典史(出)山口美也子、加納省吾、戸浦六宏、亜湖、古川哲唱、根岸明美、松風敏勝、影山英俊、高橋明、木島一郎
高校生の敏彦(加納)は封建的な父、浩三(戸浦)と年若い後妻の麻子(山口)と3人暮らし。継母への思慕を募らせる敏彦はその想いを秘かに日記に綴る。やがて、麻子につらく当たる浩三を憎んだ敏彦は父親殺害の計画を企てるが…。監督デビュー作となったロマンポルノ。
女教師 汚れた放課後*(67分・35mm・カラー)
1981(にっかつ)(監)根岸吉太郎(脚)田中陽造(撮)米田実(美)徳田博(音)甲斐八郎(出)風祭ゆき、太田あや子、三谷昇、藤ひろ子、鹿沼えり、小池雄介、木島一郎、影山英俊、北見敏之、浜口竜哉、粟津號
高校教師の咲子(風祭)は、警察に補導されたスエ子(太田)の身元引受人に指名される。二人は現在はほとんど接点がなかったが、スエ子は、かつて咲子が秋田で教育実習をした時の教え子だった。そして、その学校で咲子が被害者となった強姦事件の犯人(三谷)の娘だった…。

2 狂った果実/キャバレー日記

2016年3月15日3:00 PM@大ホール 2016年3月26日12:00 PM@大ホール
狂った果実*(85分・35mm・カラー)
1981(にっかつ)(監)根岸吉太郎(脚)神波史男(撮)米田実(美)中澤克己(音)甲斐八郎(出)本間優二、蜷川有紀、益富信孝、永島暎子、岡田英次、小畠絹子、無双大介、鈴木秋夫
中平康の映画にインスパイアされたアリスのヒット曲をテーマにした青春映画。バーで働く貧しい青年とパトロンを持つ女性との破滅的な恋を描く。『十九歳の地図』(1979)で衝撃的デビューを果たした本間優二と新人蜷川有紀のぶつかりあうような演技が鮮烈な印象を残す。
キャバレー日記*(81分・35mm・カラー)
1982(にっかつ)(監)根岸吉太郎(原)和田平介(脚)荒井晴彦(撮)前田米造(美)菊川芳江(音)甲斐八郎(出)竹井みどり、伊藤克信、岡本広美、橘雪子、青山恭子、森村陽子、麻生みちこ、北見敏之、上田耕一
軍隊式社員教育でチェーン売上げ全国1位を目指す新宿歌舞伎町のキャバレー。風俗業の猛烈な現場を舞台に、美人ホステスと彼女らを仕切る男たちの哀切極まりない日々をコメディタッチで描く。根岸が『遠雷』の好評のあと、古巣のロマンポルノに戻って持ち味を発揮した。

3 遠雷(135分・35mm・カラー)

2016年3月16日3:00 PM@大ホール 2016年3月26日4:30 PM@大ホール
1981(にっかつ撮影所=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=ATG)(監)根岸吉太郎(原)立松和平(脚)荒井晴彦(撮)安藤庄平(美)徳田博(音)井上堯之(出)永島敏行、ジョニー大倉、石田えり、横山リエ、原泉、七尾伶子、蟹江敬三、根岸明美、ケーシー高峰、藤田弓子、森本レオ
都市化の波が押し寄せる宇都宮を舞台に、農業にこだわる青年の日々を淡々としたリズムで描く根岸監督初の一般映画。主人公のみならず、すべての登場人物がリアルな存在として立ち上がってくる魅力は根岸映画ならでは。ブルーリボン賞監督賞(同年の『狂った果実』と共に)。

4 俺っちのウェディング(104分・35mm・カラー)

2016年3月16日7:00 PM@大ホール 2016年3月22日3:00 PM@大ホール
1983(セントラル・アーツ=日本テレビ)(監)根岸吉太郎(脚)丸山昇一(撮)前田米造(美)菊川芳江(音)大野克夫(出)時任三郎、宮崎美子、伊武雅刀、美保純、伊東四朗、竹井みどり、正司歌江、宍戸錠
自分の結婚式に遅刻した勉(時任)。式場で待っていた新婦(宮崎)が刺され、結婚は延期に。犯人の女は自爆してしまったが、勉はそれが自分が棄てた過去の女なのではないかと思い悩む。日本人離れした長身、時任三郎の飄々とした身振りを、長廻しで見事に活かした演出が見どころ。

5 探偵物語(111分・35mm・カラー)

2016年3月17日3:00 PM@大ホール 2016年3月25日7:00 PM@大ホール
1983(角川春樹事務所)(監)根岸吉太郎(原)赤川次郎(脚)鎌田敏夫(撮)仙元誠三(美)徳田博(音)加藤和彦(出)薬師丸ひろ子、松田優作、秋川リサ、岸田今日子、北詰友樹、ストロング金剛、三谷昇、蟹江敬三、財津一郎
一週間後に渡米を控えた女子大生(薬師丸)と、ボディガートを任された探偵(松田)。やがて二人は殺人事件に巻き込まれ…。薬師丸ひろ子が大人への脱皮を印象づけたラストシーンは公開当時、大きな話題となった。

6 ウホッホ探検隊(105分・35mm・カラー)

2016年3月17日7:00 PM@大ホール 2016年3月27日1:00 PM@大ホール
1986(ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=ディレクターズ・カンパニー=日本テレビ)(監)根岸吉太郎(原)干刈あがた(脚)森田芳光(撮)丸池納(美)木村威夫(音)鈴木さえ子(出)十朱幸代、田中邦衛、村上雅俊、本山真二、藤真利子、時任三郎、斉藤慶子、陣内孝則、柴田恭兵、加藤治子、津川雅彦
夫が単身赴任中の家族に突如巻き起こった離婚騒動。愛人がいると夫(田中)に告げられ、二人の息子を気遣う妻(十朱)は平穏な別れをと願うが…。根岸自らの希望で森田芳光に脚本を依頼し初タッグが実現。お互いの長所が活きた。報知映画賞監督賞。

7 永遠の1/2/乳房

2016年3月18日3:00 PM@大ホール 2016年3月27日4:00 PM@大ホール
永遠の1/2(101分・35mm・カラー)
1987(ディレクターズ・カンパニー=フジテレビジョン=ソニービデオソフトウェアインターナショナル)(監)根岸吉太郎(原)佐藤正午(脚)内田栄一(撮)川上皓市(美)寒竹恒雄(音)野力奏一(出)時任三郎、大竹しのぶ、中嶋朋子、小林聡美、竹中直人、藤田敏八、津川雅彦
婚約者と別れ、市役所も辞め、宙ぶらりんな日々を送る青年(時任)が、同じ町に自分そっくりの男が出現したことから次々とトラブルに巻き込まれていく。根岸は『遠雷』で親友同士がふとしたきっかけで真逆の運命を辿ってしまうのを描いた時から、「この世にはもう一人の自分がいるのでは?」というテーマに惹かれたという。
乳房(57分・35mm・カラー)
1993(西友=東映=東北新社)(監)根岸吉太郎(原)伊集院静(脚)斎藤博(撮)丸池納(美)中澤克巳(音)野力奏一(出)小林薫、及川麻衣、竹中直人、戸川純、金久美子、滝沢涼子、新島弥生
酒と女とギャンブルに目がない演出家の憲一(小林)は、現場で知り合った照明助手の里子(及川)とデートを重ね、遂に結婚する。結婚後も夜遊びをやめない憲一だが、やがて里子が白血病に侵されてしまったことを知る。伊集院静の自伝的短篇集の一篇を映画化。

8 絆 -きずな-(123分・35mm・カラー)

2016年3月18日7:00 PM@大ホール 2016年3月23日3:00 PM@大ホール
1998(東宝映画)(監)根岸吉太郎(原)白川道(脚)荒井晴彦(撮)丸池納(美)部谷京子(音)朝川朋之(出)役所広司、渡辺謙、麻生祐未、中村嘉葎雄、川井郁子、斉藤洋介、夏八木勲、津川雅彦
あるジャーナリストの殺害によって封印された有名バイオリニストの過去。その死からひも解かれた10年前の殺人事件に翻弄されるヤクザ者(役所)と刑事(渡辺)。『砂の器』的な物語ではあるが、根岸はウェットにならず、過剰に語りすぎず、クールかつ骨太に男二人の対決を浮かび上がらせる。日本映画批評家大賞作品賞。

9 雪に願うこと(112分・35mm・カラー)

2016年3月19日1:00 PM@大ホール 2016年3月22日7:00 PM@大ホール
2006(『雪に願うこと』フィルムパートナーズ)(監)根岸吉太郎(原)鳴海章(脚)加藤正人(撮)町田博(美)小川富美夫(音)伊藤ゴロー(出)伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵、香川照之、小澤征悦、椎名桔平、津川雅彦、でんでん、山本浩司、草笛光子、山崎努
東京に出たものの、事業に失敗し、打ちひしがれて故郷の帯広に戻った学(伊勢谷)に、実家で「ばんえい競馬」の厩舎を経営する兄(佐藤)は“勝てない馬”ウンリュウの世話を任せる。ウンリュウはなぜか学になつくのだった。傷ついた人間の心情を馬に静かに重ね合わせていく演出が清々しい。第18回東京国際映画祭サクラグランプリ、キネマ旬報日本映画監督賞。

10 サイドカーに犬(94分・35mm・カラー)

2016年3月19日5:00 PM@大ホール 2016年3月24日3:00 PM@大ホール
2007(『サイドカーに犬』フィルムパートナーズ)(監)根岸吉太郎(原)長嶋有(脚)田中晶子、真辺克彦(撮)猪本雅三(美)三浦伸一(音)大熊ワタル(出)竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、寺田農、温水洋一、伊勢谷友介、樹木希林、椎名桔平
薫(ミムラ)は10歳の頃の夏休みを回想する。母親(鈴木)が家を出て行き、父親(古田)は薫と弟の面倒をみるためと愛人のヨーコ(竹内)を家に連れ込むが、自由な気風に溢れたヨーコは幼かった薫の心に静かな革命をもたらしていく。当初根岸は16mmでの撮影を模索したという。そのせいか、自由かつ風通しの良さも感じられる佳篇となった。日本映画批評家大賞監督賞。

11 ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~(114分・35mm・カラー)

2016年3月20日1:00 PM@大ホール 2016年3月24日7:00 PM@大ホール
2009(フジテレビ=パパドゥ=新潮社=日本映画衛星放送)(監)根岸吉太郎(原)太宰治(脚)田中陽造(撮)柴主高秀(美)種田陽平(音)吉松隆(出)松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、光石研、山本未來、新井浩文、鈴木卓爾、小林麻子、信太昌之、榎本陸、広末涼子、妻夫木聡、堤真一
標題作に加え、太宰の複数の小説を合わせて映画化。戦後の貧しい時代の東京を舞台に、放蕩生活を送るくせに妻に嫉妬深い小説家(浅野)と、そんな夫に苛まれつつも類い稀な生活力で明るく生きる妻(松)との日々を描く。深刻な物語の端々に、落語のような、あっけらかんとしたユーモアが漂う。モントリオール世界映画祭最優秀監督賞、キネマ旬報ベスト・テン第2位など。

12 近代能楽集 葵上/近代能楽集 卒塔婆小町

2016年3月20日4:00 PM@大ホール 2016年3月23日7:00 PM@大ホール

画像: 三島由紀夫 DVD 近代能楽集 「卒塔婆小町」 「葵上」動画 youtu.be

三島由紀夫 DVD 近代能楽集 「卒塔婆小町」 「葵上」動画

youtu.be


近代能楽集 葵上(54分・DCP・カラー)
2013(『近代能楽集』製作委員会)(監)根岸吉太郎(原)三島由紀夫(撮)丸池納、向後光徳(美)小川富美夫(音)吉松隆(出)中谷美紀、柄本佑、尾上紫、市川実和子
近代能楽集 卒塔婆小町(51分・DCP・カラー)
2013(『近代能楽集』製作委員会)(監)根岸吉太郎(原)三島由紀夫(撮)丸池納、向後光徳(美)小川富美夫(音)吉松隆(出)寺島しのぶ、北村有起哉、西牟田恵、石橋けい、鈴木省吾、野村亮、佐藤恒治
三島由紀夫生誕90年を記念して、三島の戯曲「近代能楽集」から2篇を映像化したもの。オールセットで演劇的な制約を受け入れて演出することで、根岸は三島の書いた言葉そのものの美しさと、それを発する俳優の魅力を際立たせようとしている。

会期:2016年3月15日(火)-3月27日(日)
料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.