画像: RIZIN.1 記者会見 2016.3.5 youtu.be

RIZIN.1 記者会見 2016.3.5

youtu.be

3月5日(土)都内にて、「トップ Presents RIZIN.1」の記者会見が行われ、桜庭和志&所英男組vs.ヴァンダレイ・シウバ&X組のグラップリングダブルバウト(タッグマッチ)、悠太vs.加藤久輝のスペシャルワンマッチ、そしてRENA、村田夏南子の正式参戦が発表された。

会見には、榊原信行RIZIN実行委員長、髙田延彦RIZIN統括本部長、桜庭和志、所英男、RENA、村田夏南子、悠太、加藤久輝が登壇。榊原実行委員長は「世界のみなさんにRIZINが愛してもらえるようになるためには、この一年が勝負の一年。第一弾の発表が遅れてしまったが、ここからは怒涛の勢いで発表していく」と意気込みを語った。

そして髙田統括本部長からは、悠太vs.加藤久輝(81.7キロ契約MMAルール)、桜庭和志&所英男組vs.ヴァンダレイ・シウバ&X組で行なわれるグラップリングダブルバウト(タッグマッチ)の2試合が発表された。さらに参戦決定選手としてRENA、村田夏南子、参戦予定選手としてギャビ・ガルシア、イリー・プロハースカ、テオドラス・オークストリス、アンディ・サワー、元谷友貴の名が読み上げられた。キックボクシングの試合を組むことも検討しており、全12~13試合が組まれる予定だ。髙田本部長は「若い力、ニューカマーにイベントを引っ張って行ってもらいたい。そのなかでも注目しているのは村田夏南子選手」と、レスリング界の新星への期待を口にした。

榊原委員長からは「RIZINでは初となるグラップリングタッグは、『最も過激なグラップリングルール』にしたい。(シウバとタッグを組む)Mr.Xは田村潔司を考えている」と仰天プランを発表。
そして「イベント自体をケビン・ランデルマン追悼イベントにしたい。奥様のエリザベスさんと、二人の息子を招き、日本でも多くのファンに愛されたケビン・ランデルマン選手をファンとともに追悼したい」と語った。

「デビュー戦は緊張すると思いますが、レスリングの強さを見せたい。最後には自分の手が挙がっているようにしたいです」(村田)

「今回はシュートボクシングルール。投げ・締め・関節があるルールなので総合ファンにも楽しんでもらいたい。そして名古屋では初めての試合なので楽しみにしています」(RENA)

「格闘技を始めた頃からずっとPRIDEに憧れていました。いつかPRIDEのような舞台が復活することを、そしてその舞台に立つことを信じて、ここまで格闘技をやってきました。MMAではなく「闘い」を見せ、1ラウンドで倒します」(悠太)

「RIZINの舞台に立つことができ嬉しく思います。ベラトールのスコットさん、RIZINの榊原さんに感謝している。ベラトールの選手としてのプライドを持って闘いたい」(加藤)

「年末に続き、RIZINの(ナンバーシリーズ)第一回目に参戦できたこと、そして桜庭さんとタッグを組ませていただくことも光栄です。自分の人生のなかでヴァンダレイ・シウバと試合ができる(日がくる)ことに驚いています。もし榊原さんがおっしゃる通り田村さんが出てくることになればさらにとんでもないことになると思います。でも、自分はやられ役になるつもりはありません。ヴァンダレイから一本取りたい」(所)

「動きのある試合をしたいと思います。タッグなので、所選手が怪我をしないようにコーナーから見守っていたいと思います」(桜庭)

榊原実行委員長は質疑応答のなかで「ヴァンダレイ・シウバは2016年内にRIZINのリングでMMAでの試合をします。既にヴァンダレイとは合意(契約)済みです」と語った。ヴァンダレイ・シウバが今後誰と、どこで闘うことになるのか要注目だ。

名称:トップ Presents RIZIN.1
日時:2016年4月17日(日)
開場:14時00分/開始:15時00分
会場:日本ガイシホール
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
特別協賛:株式会社トップ
協力:東海テレビ放送
アクセス:日本ガイシホール
愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番地の16
【交通】
JR東海道本線
笠寺駅 徒歩3分
Twitter:@rizin_PR
Facebook:https://www.facebook.com/rizinfightingfederation
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.