渡辺謙作(第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞)監督作品
主演:森岡龍、前野朋哉
共演:黒木華、新井浩文
映画 『エミアビのはじまりとはじまり』
公開日が9月3日(土)に決定!!
森岡龍&前野朋哉の漫才シーン写真も到着!

『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作がメガホンを執った、
『フレフレ少女』以来8年振りとなる、自身のオリジナル脚本による監督作『エミアビのはじまりとはじまり』の公開初日が9月3日(土)で決定致しました。
さらに本作で本格的にガチ漫才を披露している、森岡龍&前野朋哉の漫才シーンの場面写真も到着しました。

画像1: ⓒ2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

ⓒ2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

若手漫才コンビ“エミアビ”。人気急上昇の矢先、片割れ・海野(うんの)の突然の事故死をきっかけに繰り広げられる、遺された者たちの希望と再生のファンタジック・ヒューマン・ストーリー。
TV「天皇の料理番」「64」などの演技で注目を集める森岡龍が、遺された実道(じつどう)を演じ、映画『桐島、部活やめるってよ』TV「おかしの家」など映画、テレビに幅広く活躍する前野朋哉が海野を演じます。

到着した場面写真では、金髪のチャラ男風な森岡とちょっと三枚目風な前野がステージで漫才を披露している。人気急上昇中の漫才コンビという設定だけに、クラインクイン前から漫才の猛練習を積んだ二人。どちらがボケでどちらがツッコミなのか、お楽しみに!

また、エミアビのマネージャー夏海を演じるのは、『小さいおうち』でベルリン映画祭最優秀女優賞を受賞し、現在公開中の『リップヴァンウィンクルの花嫁』や、4/12スタートのTBS系ドラマ「重版出来!」など話題作への出演が相次ぐ黒木華。
そして、『百円の恋』『バクマン。』などインディーズからメジャーまであらゆる作品で独特の存在感を放つ新井浩文が、エミアビの先輩・黒沢を演じる。
さらに「週刊プレイボーイ」のグラビアでデビューし、「サンデージャポン」などのバラエティ番組にも出演し、『血まみれスケバンチェーンソー』(16)で映画デビューを果たした山地まりが黒沢の妹・雛子を演じます。
日本映画界を支える豪華なスタッフ&キャストが集結した、たっぷり笑えて、ちょっぴり泣ける作品に乞うご期待下さい!

画像2: ⓒ2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

ⓒ2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会


【STORY】
ある日突然、相方が死んだ。俺はもう一度笑わせられるのか?跳べるのか!?
人気上昇中の漫才コンビ“エミアビ”の片割れ・海野が、ある日突然自動車事故で死んだ。遺された相方の実道はマネージャーの夏海を
連れ、海野の車に同乗していた雛子の遺兄・黒沢に会いに行く。黒沢も数年前までお笑いの世界にいた、エミアビの先輩であり恩人だった…
遺された者たちが繰り広げる、“笑い”がつなぐ希望と再生の人間ドラマ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

出演:森岡龍、前野朋哉、黒木華、山地まり/新井浩文
監督・脚本:渡辺謙作(『となり町戦争』『フレフレ少女』)
撮影:藤澤順一(『舟を編む』『八日目の蝉』) 照明:金沢正夫(『ソロモンの偽証』『ぼくたちの家族』)
製作:『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会
配給:ビターズ・エンド 2016年/日本/ 87分
ⓒ2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

9/3(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.