「LuckyHouse のポートフォリオ」12 太賀

映画祭で沸き立つカンヌで注目度No1の若手俳優、太賀くんをキャッチ!
映画祭取材で滞在中の南フランスの高級リゾート地カンヌの路上で、5月16日に太賀くんとばったりと遭遇、幸運にも写真撮影を快諾してもらった!

画像: 注目度No1の若手俳優、太賀くん(1993年2月7日、東京生まれ) Photo by Yoko KIKKA

注目度No1の若手俳優、太賀くん(1993年2月7日、東京生まれ) Photo by Yoko KIKKA

実は、彼が出演した日仏合作映画『淵に立つ』が、第69回カンヌ国際映画祭の“ある視点”部門で一昨日の14日夜(日本時間15日未明)に上映されたばかりなのだが、深田晃司監督と出演俳優の浅野忠信さん、筒井真理子さん、古舘寛治さんらが登壇した舞台挨拶に太賀くんの姿はなかったので、この遭遇に思わず目が点になってしまった。

だが、聞くところによると撮影の仕事の関係で、『淵に立つ』の公式上映日の現地入りは叶わず、昨日到着したのだという。それも15日 in 17日 out という強行軍!

画像: 素顔は実に爽やかな好青年! Photo by Yoko KIKKA

素顔は実に爽やかな好青年! Photo by Yoko KIKKA

画像: 共演者の古舘寛治さん、筒井真理子さんと初カンヌを満喫中! Photo by Yoko KIKKA

共演者の古舘寛治さん、筒井真理子さんと初カンヌを満喫中! Photo by Yoko KIKKA

現在、宮藤官九郎のオリジナル脚本による話題のドラマ『ゆとりですがなにか』に出演中で、強烈キャラの“ゆとりモンスター”を熱演している太賀くん。今後の活躍が増々楽しみな若手俳優の筆頭格である彼は、案外カンヌには縁があり、昨年の“ある視点”部門のオープニングを飾った河瀬直美監督の『あん』にも出演していた。

『淵に立つ』(今秋公開)は、下町で金属加工業を営む夫婦(古舘寛治、筒井真理子)のもとに突然一人の男(浅野忠信)が現れたことから奇妙な共同生活が始まり、一見平穏だった家族に“異物”が混入することで夫婦それぞれが抱える秘密が炙り出されていく様を描いた衝撃作で、いわくある新人工員の役で登場する太賀くんは、2014年に公開された『ほとりの朔子』に続いての深田監督作品となる。
(Text by Yoko KIKKA)

吉家 容子(きっか・ようこ)
映画ジャーナリスト。雑誌編集を経てフリーに。
シネフィルでは「フォトギャラリー」と気になるシネマトピックをお届け!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.