「土用丑の日」に合わせて、ウナ重を食べながら映画を見ることができる、第1回『ウナギ映画祭』が表参道のCOMMUNE246で、7月29日(金)、7月30日(土)、7月31日(日)の3日間開催されます。当日は映画のほかにも、蒲焼サンプルや特産みやげ、うなぎDJなどウナギ満載の夏祭りとなっていますよ!

■イベント開催背景
日本の夏の風物詩である「土用の丑の日」。時代が変わっても、ウナギは日本人の心の原風景を彩るソールフードです。しかしそんなウナギも今や絶滅が懸念され、価格も高騰傾向にあります。“もっとうなぎのことを知ってほしい、そして日本人とうなぎの関係をもう一度見つめ直してほしい”との想いから、山田水産株式会社(主催)が、「他では味わうことのできない最上級のウナギを多くの人に食べてもらいたい!」といった生産者の想いを伝えるべく、イベントを開催します。

■第1回『ウナギ映画祭』~ ウナ重を食べながら、映画をみる! ~
会場は、東京 表参道にあるCOMMUNE246。老若男女、多様な人種が集うオープンエアなフードコートです。また、無投薬養殖で知られる鹿児島の山田水産株式会社が、ウナギ蒲焼を提供します。養殖では不可能と言われた完全無投薬養殖を可能にして、肉厚の極上ウナギを日本中に届けています。
「東京の若い人たちにウナギをもっと身近に感じてもらいたい」そんな山田水産の想いが「映画祭」という形で表参道を賑わせます。美味しいウナ重を食しつつ、映画を楽しみ、お酒を嗜み、人と食の未来に思いをはせる。そんなちょっと変わった新しい土用の丑の日の過ごし方を提供する。『ウナギ映画祭』はそんなイベントです。

画像: 土用の丑の日にウナ重を食べながら映画を見られる! 第1回『ウナギ映画祭』開催!

■イベント概要
イベント名 : 第1回ウナギ映画祭
イベント内容: ウナギの安価での提供及び物販と映画上映
会場名   : COMMUNE246
会場場所  : 東京都港区南青山3-13 COMMUNE246内
開催日   : 7月29日(金)、7月30日(土)、7月31日(日)
来場予想人数: 3,000人(3日間)
参加料(会費): 入場無料
主催    : 山田水産株式会社
運営    : 株式会社ネツゲン
■イベントスケジュール
<開催時間>
全日程11:00~22:00
ドリンク購入者にウナギの蒲焼及び白焼きを終日提供。
<映画スケジュール>
金曜日 19:00 戦場のメリークリスマス
土曜日 12:00 僕らのカヌーができるまで
    14:30 うみやまあひだ
    17:00 エンド・オブ・ザ・ワールド
    19:30 スタンド・バイ・ミー
日曜日 14:00 僕らのカヌーができるまで
    16:30 うみやまあひだ
    19:00 ジュラシック・ワールド

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.