練習場で効率的に上達したい! という人におススメなのが「打痕シート」。自分の打点を知ることで悪いクセを診断することができるのだ。そしてこの打点の位置に、アイアン上達のカギが隠されているようだ‼

トップ写真を見てもらいたい。松森彩夏の打痕はヒール寄りのやや低め。フェースの下側でインパクトしている。こんなにヒールで打つのが正解なの!?  永井延宏プロに聞いてみた。

「アイアンでヒール寄りに当たるのは、クラブをインサイドからダウンブローに打ち込めているからです。しかも、アイアンのフェース面上の重心(芯)は、センターよりややヒール側になることが多いので重心点でインパクトしていることになるんです」(永井延宏プロ、以下同)

なるほど。ヒール側でとらえるからこそ、スピンの利いたショットで止められるというわけだ。ではほかの女子プロたちの打点はどうなのだろうか。

大山志保はヒール寄りのやや高め

大山はヒール寄りの高めに打痕が残った。女子ツアーきってのショットメーカーだけに、アイアンの打点は安定してフェースの芯を喰っている。

画像: 大山プロは若干ヒール寄りやや高め

大山プロは若干ヒール寄りやや高め

テレサ・ルーはややヒール寄りで高さは中央

テレサ・ルーも大山に続きヒール寄りにヒット。ただ打痕の高さは大山よりも低く、フェース中央にある。パーオン率上位のアイアン名手は風に負けない力強い球が持ち味。ヒールから当てているというわけだ。

画像: テレサ・ルーはヒールから入れて、強い球を打っている

テレサ・ルーはヒールから入れて、強い球を打っている

堀琴音は“センターヒット”

ここまでヒール寄りにヒットするプロが多い中、堀はフェース中央のほぼ真ん中に打痕が残った。フェースの左右・高低ともに“センターヒット”をしていて、ミート率の高さがうかがえる。

画像: ヒール寄りにヒットするプロが多い中、堀はど真ん中に打痕が残った

ヒール寄りにヒットするプロが多い中、堀はど真ん中に打痕が残った

以上のように、女子プロの打点は真ん中からヒールめという傾向。トウよりで打っている選手はいなかった。実はこの打点でわかるのは“タメ”のありなし。再び、永井延宏プロに解説してもらおう。

タメがあるからインサイド軌道になり、ヒール寄りに打痕が残る

「もしタメができずに軌道がアウトサイドインになると、アイアンの芯には当たらずトウヒットになってしまう。ヒール寄りに打痕があるということは、タメのあるスウィングをしているということなんです」。

画像: タメなし軌道はトウ側に当たりやすい

タメなし軌道はトウ側に当たりやすい

みなさんはアイアンのフェース面のどこを使って打っているだろうか? もしもトウよりに打痕が残ったら、タメがないアウトサイド軌道で振っている危険性がある。一度、打痕シートで、たしかめてみてはいかがだろうか?

写真/矢田部裕

コメントを読む・書く
  |  

This article is a sponsored article by
''.