42歳にして、「自分のこれまでの人生の集大成」と言い切れる作品ができ上がった。本木雅弘さん演じる主人公は小説家。その一見華やかに見える職業が持つジレンマと、子を持たないまま中年になってしまったおとなの、社会との間の “宙に浮いたような距離感” とに自身を投影させた。

彼女が映画に夢を託してから20年。物語を紡ぎ、映画と格闘しながら、自分の人生に対する価値観の変容を実感したと語る。そうして、西川さんにとっても、ここから “あたらしい物語” がきっと、動きはじめる。

 

画像: 映画監督・西川美和と『永い言い訳』①

自分自身の仕事に、「引け目を感じることがある」という。

西川美和さんの最新作『永い言い訳』。デビュー作『蛇イチゴ』から、『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』など一貫して自身でオリジナル脚本を手がけてきた彼女が、今回は初めて映画に先行して原作小説を書き下ろした。

 
主人公の衣笠幸夫は小説家。人気作家・津村啓としてテレビ番組などにも出演している。結婚して20年になる美容師の妻・夏子がいながら、妻の旅行中に若い編集者と情事を重ねていた。そこに突然、妻の訃報が届く。

夏子の死をまっすぐに悲しむことができない幸夫の前に現れたのは、夏子とともに事故で亡くなった親友・ゆきの夫・陽一だった。陽一とゆきの間には、2人の子供がいた。妻を亡くした幸夫が、母を亡くした子供たちと出会い、“誰か” と生きることのうれしさとむずかしさを実感していく――。
 

画像1: ©2016「永い言い訳」製作委員会

©2016「永い言い訳」製作委員会

映画では、幸夫は、本木雅弘さんが演じている。この主人公、今までの作品の中でもっとも西川さん自身に近いキャラクターなのだそうだ。

「私は小説家ではないですけれど、いずれ映画にすることを目標にしながら、机について物語を作っています。職業設定というのは、物語を作る上で非常に大事なんですね。私の場合は、映画という大きな元手を背負ったビジネスの中にいて、映画が完成したら、テレビ番組で露出させていただく機会もあって、そういうとき私のことを目にした方は、『映画って、きらびやかな世界なんだな』と思われるかもしれない。取材していただいた記事を読んだ方も、『ゼロからものを書いたり、大勢の人をまとめて映画を作ったりするのだから、それなりの人間なんじゃないか』と思われるかもしれない。

そういう錯覚を世間はするし、自分自身もしかけるんだけれど、実はまぁ、何てことない、というか……(笑)。逆に言うと、自分の書いたものや、自分の作るものが人間の生活に必要なのかという葛藤は常にあります。たとえば食べ物を作ったり、それを運んだり、幸夫の奥さんのように髪を切ったり。そういう “実業” とされるものと比べて、アートだとか文学だとか映画なんていうものは、得体が知れないし、下手したら、不快な気分で人を帰らせることすらある。

ものを作っている人間として、もてはやされることがある反面、自分自身の仕事に引け目を感じることがあるんです。幸夫と私の共通点は、“虚業に就いている人間” っていうその設定ですよね。その引け目や葛藤が、自分が持っている内心の危うさに近い。そこが、今回一番自分を投影した部分ですね。

実業と虚業――。映画の中で、幸夫の妻の夏子は髪を切ることを生業とし、陽一はトラック運転手としてものを運んでいた。夏子と一緒に亡くなったゆきは、2人の子供を育てていた。彼らは、明確に “誰か” の役に立っていた。

画像2: ©2016「永い言い訳」製作委員会

©2016「永い言い訳」製作委員会

もうひとつ、私が自分を投影させたのが、“子供がいないまま、中年期を迎えてしまったおとな” という設定です。

20代から30代の前半までは、好き勝手生きていて、自分の選択で結婚もしなかったし、子供もいないけれど、『これでいいんだ』と思っていた。その選択の結果が、間違っているかどうかはさておき、子供がいないままに中年にさしかかって、“産み育てて、未来を迎える” という世界の外側に放り出された感じがどんどんしてくるんですね。

さらに、子供達という存在と自分とを、どういう距離感で置いていいかわからない。自分の存在価値、存在意義みたいなものが、宙に浮いてくる感覚があって……。そうやって圧倒的に人生経験が少ないことを逆手にとって、子供のいない中年の目線から描ける物語を書いてみようと思ったんです」

 

NEXT≫「『書く』ではなく、『撮る』ことを本業にする、分岐点になった」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.