「水が苦手…」という方は意外と多い

水が健康に良いことはわかっている、水分補給は水じゃないと意味がない、ということはわかってはいるけど「水を飲むのが苦手…」という方が意外に多いのです。
また、こまめに水分補給をする習慣が無く、飲もうと思えないという方もいます。
確かに、色々な飲み物が出回っている昨今、あえて水を飲むのは味気ないですし、こまめな水分補給の習慣が無いのに無理に飲もうと意識するのはちょっと面倒かもしれません。しかし、こまめな水分補給をしないと、体の乾燥は進み、便秘を始めとしたあらゆる弊害が起きる可能性があります。
そこで今回は、水分補給に代わるフルーツ補給におすすめのフルーツをご紹介します。

画像: 「水が苦手…」という方は意外と多い

フルーツで水分補給

フルーツはとにかく食物繊維と水分が豊富な食べ物です。
便秘解消には食物繊維が効果的ですよね。これは、食物繊維が腸の掃除をしながら、腸を刺激して排便を促す作用を持っているからです。
食物繊維と水分を豊富に含むフルーツを食べることで、水を飲む回数を減らすことが出来ます。では、水分補給の代わりとしておすすめのフルーツをご紹介します。

① バナナ

バナナには豊富な食物繊維と、フラクトオリゴ糖と呼ばれる成分が含まれています。
食物繊維とオリゴ糖が腸内の善玉菌の役割を助け、便秘により悪玉菌が増えている腸内環境を整えます。ちなみに、バナナは熟したものよりも、少しかための若いバナナのほうが便秘解消には効果的ですので、買ってきたら早めに食べるようにしましょう。

画像: ① バナナ

② リンゴ

リンゴに含まれる便秘に良い成分に、食物繊維とオリゴ糖があります。
これはバナナと同じで、リンゴに含まれているオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるので、便通を促すのです。
また、リンゴは実よりも皮の方が食物繊維が豊富ですので、必ず皮ごと食べるようにしましょう。

③ キウイ

キウイは食物繊維が豊富な果物です。キウイ1個で、1日に摂取しなければならない食物繊維の15~20%を補うことが出来ます。

画像: ③ キウイ

フルーツで水分補給する際の注意点

① 食べ過ぎに注意

基本的にフルーツの果糖はカロリーが高いです。
キウイは1個で50キロカロリー、バナナは1本で100キロカロリー、リンゴは1個で155キロカロリーです。
便秘を解消するためだから!といって、食べすぎるとカロリーオーバーになりますので、
食べ過ぎには注意しましょう。

② フルーツのみはNG

便秘を解消には、あらゆる食材をバランス良く取り入れることが大切です。
果物だけだけに偏ることなく、肉、野菜、魚なども摂ることが便秘解消には大切なのです。

おわりに

食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」の2つの種類があります。便秘を解消するためには、水溶性の方が良いのでは?と思いますが、実はどちらもバランス良く摂取することが大切です。
リンゴやキウイは水溶性と不溶性の両方の特徴を持った食物繊維が含まれているので便秘解消にもとてもおすすめなのです。上手く水分補給が出来ない時は、フルーツで水分補給しませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.