韓国のみならずアジアの枠すらも飛び越え、世界で活躍する映画監督パク・チャヌク。
今まで劇場の予告でしか見みることのできなかったシーンも含まれた30秒の特別予告編をついに解禁いたします。

今回解禁する特別予告は、「覗いてください。欲望の最果て」というナレーションから始まり、襖を覗くと、そこには見たことのない美しくも禁断の世界が広がっており、本作の魅力の一片を垣間見ることができる予告となっております。

画像: ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

★各界の著名人からも絶賛の声が届いております!!★

画面の隅々にまで徹底された、独特すぎる美意識とフェティシズム——こんなド変態な映画(褒めてます!)、絶対にパク・チャヌクにしか作れません!
―ライムスター 宇多丸さん(ラッパー/ラジオパーソナリティ)

衝撃的なビジュアル、驚きの仕掛けが満載
ストーリーが深みに入っていったとき、なぜか笑ってしまう世界観に病みつき!
―宮藤官九郎さん(脚本家・監督・俳優)

サラ・ウォーターズ×葛飾北斎×『花と蛇』!?
奇怪なハイブリッドに騙され、裏切られる。
―桜庭一樹さん(作家)

見てはいけないものを自分だけが覗き見たような背徳感が脳髄と下半身を刺激する。
一枚一枚の画も女優も絵画のように美しく、スクリーンにむしゃぶりつきたくなる。
いや、かまわん、むしゃぶりつけ!
―白石和彌さん(「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」他)

『お嬢さん』(2017)
美しく純真なお嬢様の財産を狙う、詐欺師と侍女。
次々と仕掛けられた罠。
果たして本当にはめられるのは誰だ―!? 

画像: 禁断の罠『お嬢さん』劇場用特別予告 youtu.be

禁断の罠『お嬢さん』劇場用特別予告

youtu.be

■物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。
令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン
配給:ファントム・フィルム
(2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18) 
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

3/3(金)、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.