キムトモこと木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「トップでは左手親指にシャフトを乗せよう」がテーマだ。きちんとシャフトに左手親指を乗せると、“あること”がわかるようになるみたいなのだが……!?

左手親指でクラブの重力を感じられるところがベストな位置

「トップで左手親指にクラブが乗ると、オーバースウィングやシャフトクロスなど、ミスの原因となる動きがなくなるんです」と木村プロ。普段あまり意識することはないかもしれないが、スウィングがコンパクトにまとまり、シャフトの特性が活かせるなど、トップで左手親指にクラブが乗ることのメリットは大きいのだという。

画像: ⑥ドライバーレッスン「オーバースウィングやシャフトクロスを直すには‟左手親指にシャフトを乗せよう”」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

⑥ドライバーレッスン「オーバースウィングやシャフトクロスを直すには‟左手親指にシャフトを乗せよう”」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

「左手親指にシャフトをしっかり乗せる」には、トップで手首と腕が真っすぐになるように意識して、クラブにかかる重力が親指で感じられるところが適正な位置だそう。そのために有効なドリルを紹介しよう。

クラブを短く持ち、グリップエンドが下を向くようにしよう

「クラブを短く持って、左腕が地面と平行になるところまでバックスウィングを上げたときに、グリップエンドが下を向くようにします。左手甲が真っすぐ前を向くように意識してください」(木村)

この状態ができれば、あとは体を回せば左手親指の真上にクラブが乗るトップが完成する、というわけだ。シャフトが親指に乗って入れば、スウィング軌道も安定するし、ミート率もアップする。詳しいやり方は、動画をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.