「LGBT(Lesbian Gay Bisexual Transgender)ナイト」が飯田橋ギンレイホールで開催されることがわかった。上映されるのは下記の三本。

グザヴィエ・ドラン『わたしはロランス』ヤン・ヤーチェ『GF*BF』に加えジョアン・ペドロ・ロドリゲスの『男として死ぬ』も上映されます。

ギンレイ・オールナイト『名画座主義で行こう』
“LGBT(Lesbian Gay Bisexual Transgender)ナイト”

4/21(金)~4/22(土)の2夜連続での上映となります。

気になる方は、チェックですね〜。

わたしはロランス
Laurence Anyways
2012年 カナダ・フランス映画 168分 DCP上映

画像: 映画『わたしはロランス』予告編 youtu.be

映画『わたしはロランス』予告編

youtu.be

監督: グザヴィエ・ドラン
出演: メルヴィル・プポー、スザンヌ・クレマン、ナタリー・バイほか
配給: アップリンク

30歳の誕生日、ロランスはフレッドに秘密を打ち明ける。「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてしまったんだ」。トランスセクシャルであることをカミングアウトして生きていくことを決意するロランス。性の問題を真正面からとらえて美しく鮮烈に映画化したグザヴィエ・ドラン当時23歳の若き才能がほとばしる。

男として死ぬ
Morrer Como Um Homem
2009年 ポルトガル 133分 BD上映

画像: www.institutfrancais.jp
www.institutfrancais.jp

監督:   ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
出演: フェルナンド・サントス、シャンドラ・マラティッチほか
上映協力: IndieTokyo

リスボンに住む中年ドラッグクイーンのトーニャを、周囲の人物たちとの交錯の中で描く。アルモドバル『オール・アバウト・マイ・マザー』やファスビンダー『13回新月のある年に』などを想起させる傑作。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門などで上映されたほか、カイエ・デュ・シネマ誌年間ベストテンにランクインした。
©Films Boutique

GF★BF
女朋友。男朋友
2012年 台湾映画 105分 DCP上映

画像: 『GF*BF』予告 youtu.be

『GF*BF』予告

youtu.be

監督: ヤン・ヤーチェ
出演: グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ヴォーンほか
配給: 太秦

戒厳令下台湾の校則の厳しい高校時代1985年から民主化、学生運動の激動の時代を経て2012年の現代まで27年間にわたる3人の男女の友情と恋愛を描く。最後の美宝(メイバオ)の選択、そして忠良(チョンリャン)がとった行動、すべては描かれないが心仁(シンレン)に似た双子の姉妹がそこにいる。

コメントを読む・書く
  |  

This article is a sponsored article by
''.