ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。

1R、いきなり突進したレイナはパンチでガーベルトを追い込んでいく。さらに払い腰でテイクダウンに成功すると、サイドからひざ蹴りとパウンドを入れていく。防戦一方のガーベルトのボディに鉄槌とひじを入れてからマウントポジションを奪取。パウンドからアームロックを取りにいったところで1R終了のゴング。

画像1: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像2: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像3: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像4: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。

2R、ガーベルトが捨て身のスタンドで圧倒するも、レイナは足払いでテイクダウンに成功。再びマウントを取り、肩固めに入るがこれは極まらず。さらに上四方から頭部にひざ蹴りを当ててからの腕十字! これががっちりと極まりガーベルトはタップ。

画像5: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像6: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像7: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像8: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。

「どうもKINGレイナです。まあ、こないだのJEWELSでは一本取れなかったですけど、今日は一本取れました。髙田本部長、早くしないと海外で試合しちゃうんで、今度のRIZIN、早くオファーするならしてもらわないと」とアピールしたレイナに、放送席にいた髙田統括本部長がリングに上がると、「まずはレイナ選手、素晴らしい試合、素晴らしい勝利、おめでとうございます。たぶんここにいる皆さんと同じ考えだと思うんですけど、それはね、我々としたら非常に困ります。ですから今日の試合を終えて、あなたがシャワーを浴びてすっきりしたあと、早急に榊原が次のRIZINの正式オファーをさせていただきます。ダメよ? まだ海外で試合しちゃダメよ?」と答え、レイナは歓声を浴びてリングをあとにした。

画像9: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。
画像10: ウワサのKINGレイナがついにRIZIN登場! 昨年大晦日の堀田祐美子vsギャビ・ガルシア戦後にいきなりリングインし、ギャビとの対戦をぶち上げたジャジー・ガーベルトと対戦する。

KINGレイナ 試合後インタビュー

──試合の感想をお願いします。

KING 感想? う〜んまあ、普通にいつも言っている通りにできたかなっていう感じですかね。

──RIZINという舞台はどうでした?

KING まあ、いっぱい人いるなって思いました。べつにやることは一緒なんで、ただ人が多いところで盛り上がっているところでやるっていうそれだけなんで、私がやることに関しては何も変わらないので。

──1ラウンド目から圧倒的に畳み掛けて、最後はプラン通りですか? 恐怖心とかなかったですか?

KING べつに投げて倒した瞬間、押さえ込んだ時には勝てるなと思ったんで。怖い感じもなかったし、勝つ気しかなかったですね。

──緊張もせず?

KING そうですね。

──試合後に世界に行っちゃうと言った真意は?

KING まあ、最初から言っているので早くしてオファーしてもらわなきゃダメだよと。

──オファーがあればRIZINにも上がるということですか?

KING そうですね。そう思ってますけど。

──今後やりたい相手はいますか?

KING べつにいないですけど、今回デカい相手に一本勝ちしたので、あれより強い相手じゃないと満足できないと思います。

──ギャビ・ガルシアとの試合のオファーがあったらやりたいですか?

KING まあ、考えて。はい。やるかやらないか決めるだけなんで。ここで「はい、やります」っていうわけじゃないですけど。

──大和魂を見せていただいたと思ったんですけど、そんな気持ちはありましたか?

KING 元から柔道やってきているので、絶対に負けないっていうのはあるので。大和魂はあるんですかね? わかんないですけど、負けないという気持ちでずっとやっている。そういう感じですかね。

──今回相手が大きい選手だったんですけど、その中で相手のほうからブリッジでひっくり返されるような場面があったんですけど、そのあとバランスを取って寝技に入っていました。ここで寝技に持ち込めるという確信はあったんですか? あと、もう一点。ここでこれだけ重い相手を負かしたので次はギャビ・ガルシアとやりたいという気持ちはありますか?

KING 寝技をやっていて相手がどう動くか読んでやっているので。返さえることはほぼほぼないので。相手がこう抑えていたらこう動くだろうなと考えながらやっているので、ひっくり返されることはないですね。ギャビ・ガルシア……まあやってもいいですけど、まあ誰でもいいです、フハハハハ。

──柔道へのプライドはわかったんですけど、なぜ総合をやるようになったんですか?

KING 実業団でやっているんですけど、練習環境が良くなくて、なんか違うことがやりたいなと思ったので、その時にキックボクシングをやっているジムがあって、やってみたらおもしろかったので始めた感じですね。

──何歳ぐらいですか?

KING 2年前ぐらいですかね。

──今日の相手は女子プロのチャンピオンでしたけど、名前負けしそうとかっていう気持ちはありませんでした?

KING ずっと言ってきているのでそんな気さらさらないです。

──リングサイドでは神取忍や堀田祐美子が見ていたんですけど、この2人はまったく意識してない?

KING 興味ないですね。むしろ私が一番目立っていると思っているので。他の選手はまったく興味ないですね。やったっていいですけど、私が勝つだけなので。

──ちゃんちゃらおかしいですか?

KING はい。

──多くの選手の皆さんがより自分より厳しい相手と闘っていきたいと言っているんですけど、今聞いていると誰でもいいと。より強い相手と闘いたいという気持ちはないですか?

KING そうですね。ずっとJEWELSとか出ていて、私が必ず圧勝して勝っているので、私がどれだけ強いか知りたいので、むしろ私より強い相手じゃないとやりたくないですね。

画像: KINGレイナ 試合後インタビュー

ジャジー・ガーベルト 試合後インタビュー

──試合の感想をお願いします。

ガーベルト メンドクサイネ(笑)。本当に今日は私自身非常にガッカリしてしいまいました。チーム、ファンの皆さんをがっかりさせたことを本当に申けなく思います。帰ったら練習に取り組んで強くなりたい。また呼んでいただけたらより強くなった私を見ていただきたいと思います。

──相手のKINGレイナ選手はどんな選手でした?

ガーベルト 非常に強い選手だと思います。何より精神力が強いですね。何度か彼女の顔にパンチを入れることができたんですが、そこで怯むことなく挑んできました。寝技が本当に強くて私がエスケープできずになんの手立て見つけられませんでした。

──試合前はギャビとやりたいと言っていたが?

ガーベルト 先程申し上げましたけど、帰ってすぐにトレーニングを積んで、2度目のチャンスをいただけるのであればどんな選手とでも闘いたいと思います。

──2ラウンド終了後のインターバルでは何を考えていたんですか?

ガーベルト 何も考える時間もなく、何も考えずということでした。パンチが入って、グラウンドで逃げることができず、負けることになってしまったんです。なんとかボクシングはできたと思うんですが、勝てるようなことは何もできなかったと思います。

──今後についてはどのようにやっていきたいですか?

ガーベルト 人生っていうのは負けからいろいろと学ぶことはできると思うので、自分が何を間違えてしまったのかということ、一度負けてしまえば学んでいけると思います。7カ月間練習してきましたけど、まだまだ練習が足りませんので、帰ったらトレーニングを積みます。特に寝技は力を入れて、自分の試合を見直し、どこが欠けていたのかを見直して練習を積んでいきたいと思います。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.