さる6月8日~9日の二日間、毎年恒例の日本ユニシスグループのICTソリューション展『BITS 2017』が開催されました。
今年のBITSでは『Foresight in sight ~つながる構想、ひろがる革新 ビジネスエコシステム拡大中~』をコンセプトに、AI、IoT、ビッグデータ、ロボティクスをはじめとする日本ユニシスグループ各社が提供する先進的なテクノロジー、そして、ビジネス革新を提案することで実現する「業界の垣根を越えた企業連携」への取り組みが紹介されました。

「進化と変化とともに、知見・成果を広く発信」
「先見性と洞察力で業界の垣根を超えたビジネスエコシステムを」

オープニングでは、ユニシス研究会の会長で(株)オリエンタルランド専務の片山雄一氏と、日本ユニシス(株)の平岡昭良社長が、聴講者・来場者へのあいさつのために順番に登壇しました。

ユニシス研究会は、全国のさまざまな業界・業種から600社以上が集う、ICT業界で最も長い歴史を持つユーザー会。その会長を務める片山氏は、壇上で、研究会の歩みと活動紹介のほか、研究会での活動の中で、他社・他業種のビジネスから得た新たな知見や成果を活用することを「点が線に、そして面につながる」と、星と星を結んで星座を描くことに例え、「進化と変化を続けながら知見や成果を広く発信していきたい」と、日本ユニシスと会員各社に一層の協力を呼びかけました。

続いて登壇した平岡社長は、冒頭で日本ユニシスのコーポレートステートメント「Foresight, in sight」※1の旗印の下、社会課題をいち早くつかむ先見性と、常識にとらわれない洞察力で、お客様に最適なソリューションやサービスを提供する、業界の垣根を超えたビジネスエコシステム※2を創出するという、日本ユニシスグループの方針を紹介しました。

そのほか、ユニシス研究会における、異業種間のコラボで生まれた研究成果の発表や、この後の基調講演やトークセッション等、さまざまな催しの案内とともに、ビジネスエコシステムの広がりに期待を膨らませながら、「(BITS開催の) 2日間で、社会課題を解決したいと願う、日本ユニシスグループの覚悟と熱意を感じ取ってもらいたい」と締めくくりました。

※1【Foresight, in sight】
"Foresight"は「先見性」。"in sight"は「目に見える」と、"Insight"と読み替えることで「洞察力」の意味も含む。ICTの進歩とともに多様化するビジネスモデルと、新たな市場創出に対応するために、お客様とのつながりを強化し、未来を予見する先見性と発想力で新しいビジネスを創出することで、業種・業態の垣根を超えて企業連携する「ビジネスエコシステム」の中核を担うという、日本ユニシスのコーポレートステートメント(声明)。

※2【ビジネスエコシステム】
さまざまな経済活動・社会活動のデジタル化が進む中、それらのサービスが複合的に連鎖することで生まれるビジネスコミュニティーにおいて、個人や企業が共存共栄していこうとするビジネス上の生態系を指す造語。

基調講演とパネルディスカッション「ビジネスエコシステムで未来を創る」

基調講演では、一橋大学名誉教授・石倉洋子氏がビジネスエコシステムによる変革の必要性について述べました。冒頭で石倉氏は、「第四次産業革命が進行する中、世界はつながっている一方で断絶(対立)している」と、米国のトランプ大統領就任、英国のEUからの強硬離脱、中東やアジアの情勢など、最近の世界情勢の急激な変化を例に挙げ、さらに気候変動なども含めた「世界の大きな変化」の中で、企業がなすべきことについて述べ始めました。また、その大きな変化の原因の根本に、日々新しい可能性と脅威を生み出す「テクノロジー」があることを示唆し、競争の場とルールが刻一刻と変化し続ける中、社会・世界をより良くするための価値を提供するには、既存の常識やルールにとらわれることなく、業界・業種を超えた協働・コラボレーションを進めることがカギになると説明。「個人や企業のユニークさを持ちながら、パートナーと共通の目標を持って見えない協働の芽を見極め、『対立』をより大きな目的に高めることで、知恵や想像力が生きる生態系ができるだろう」と、ビジネスエコシステムの方向性の一つを示しました。

画像: 基調講演にて、ビジネスエコシステムによる変革の必要性を説く、一橋大学名誉教授・石倉洋子氏 写真提供:日本ユニシス

基調講演にて、ビジネスエコシステムによる変革の必要性を説く、一橋大学名誉教授・石倉洋子氏
写真提供:日本ユニシス

続くパネルディスカッションでは、日経BP執行役員・桔梗原富夫氏をモデレーターに、石倉氏と平岡社長の3名で、ビジネスエコシステムが作る未来について討論が進められました。

平岡社長は、日本ユニシスグループが目指すビジネスエコシステムについて、最近2年間で提供してきた、さまざまな分野における、一見すると関連性がなさそうなサービスの数々が、徐々に「線」に、そして「面」につながるかのように、社会課題や今後必要とされる分野に貢献できるサービス群を形成してきたとし、実際に異なる業界同士(例えば、郵便とアパレルとマンション管理)を結びつけた事例の数々を挙げ、グループが考えるビジネスエコシステム像を紹介しました。

画像: 石倉氏(写真・左)と平岡社長(写真・右)によるパネルディスカッションの様子 写真提供:日本ユニシス

石倉氏(写真・左)と平岡社長(写真・右)によるパネルディスカッションの様子
写真提供:日本ユニシス

また、石倉氏は、ビジネスエコシステムの発展・進化について、まず、社会的な課題の解決は国や政府に期待するものではなく、国際競争のノウハウや資産・技術を持っている「企業」の役割の方が大きいとし、さらに「企業の役割を固定化したままでは、ビジネスエコシステムの発展・進化は望めない」と、企業自身も進化していく必要性を挙げました。また、ビジネスエコシステム構築の必須条件である業界を超えた結び付きについては、「世の中でいろいろなことが起こっているのに、自分の仕事や業界のことだけに時間を使って、他業界・他業種について知ろうとしないままでは、『業界の枠』は超えられない」と重要なポイントを提示。そのほかにも、日本ユニシスグループが考えるエコシステム像に対し、さまざまな助言をしました。

S&Iも今年発表の最新ソリューションを展示

一方、展示会場では日本ユニシスグループ各社が提供するICTソリューション/サービスの数々が一堂に会して、来場者の皆様をお出迎え。もちろんS&Iもグループ企業の一員として、自慢の最新ソリューションを出展しました。

画像: 開催初日の展示会場内の様子。このときはまだ空いていたころで、夕方が近づくにつれて徐々に多くの来場者で賑わった

開催初日の展示会場内の様子。このときはまだ空いていたころで、夕方が近づくにつれて徐々に多くの来場者で賑わった

展示会場内は、「オープンイノベーション」、「スマートタウン」、「ワークスタイル変革」、「IoT」、「セキュリティー」、「AI/ロボティクス」、および「クラウド/ポリゴン」の7つのカテゴリーと、「日本ユニシスグループ&ユニシス研究会 最新情報」を展示するコーナーに分かれており、S&Iは今回、「ワークスタイル変革」「AI/ロボティクス」のコーナーに出展しました。

まず、「ワークスタイル変革」のコーナーでは、6月8日に発表された新サービス「uniConnect Cloud」を出展。
この前日から開催されていた「Interop 2017のレポート」でも紹介しましたが、uniConnect Cloudは、スマートフォンから会社の外線や内線番号で発着信でき、さらに内線通話や電話の保留・転送など、ビジネスホンと同様の機能を使えるようにする 「uniConnect」のオンプレミス部分をクラウド化したもの。電話回線やPBXなどへの設備投資が不要になり、ネット環境と月額制の契約(税別900円)だけでFMC対応のPBXが利用できる、とってもおトクでリーズナブルなサービスです。

そして、「AI/ロボティクス」のコーナーには、今年のWatson Summitでも好評だった、IBM Watson Explorer Advanced Edition (WEX)とWatson APIを活用した、コンタクトセンター自動化&支援ソリューションをデモ展示しました。

この日披露したデモは、先日のWatson Summitのときと同じ内容でしたが、AIが急激に進化したとはいえ、まだまだ隅々まで浸透しているわけでもないこともあり、"AI"や"Watson"と聞いて興味を示す方や熱心に質問をぶつけてくる方など、実に多くのお客様にお越しいただけました。

今回の BITS 2017では、そのほかにも、ユニシス研究会の会員各社による研究発表、基調講演、特別講演、日本ユニシスグループ各社による最新サービス/ソリューションなどを数多く紹介・展示し、2日間でのべ2,300名のお客様にご来場いただきました。ご来場いただいた皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
S&Iは、今後も日本ユニシスグループが目指すビジネスエコシステムの一翼を担うため、さまざまな業界・業種との協業も含め、想像力と探究心とともに研究開発を進め、お客様のビジネスイノベーションに貢献するサービスを提供してまいります。

【関連リンク】
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.