6月22日(木)、札幌コンベンションセンター大ホールにて開催される医療系学会「第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会」にて、RIZINドクター陣の発表が行われます。

これまでのRIZINのリング上で発生した外傷(怪我)を統計・検証し、競技スポーツとしての認知を深めるとともに、今後のリング上での外傷の対応を、より進化させることを目的としています。他のスポーツ領域ではスポーツ医学の研究が盛んに行われていますが、総合格闘技領域で本格的な学会発表が行われるのは国内初となります。

【発表日】2017年6月22日(木) 16:30~
【会場】札幌コンベンションセンター大ホール
【演題名】トップレベルの総合格闘技大会における外傷の特徴と傾向

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.