嗚呼!銀幕の女神様♡ 第6回
~自意識過剰女子!それでいいのか?滑稽な­生き様!!~


夏も本番ですね!
「日本一海の似合わない俳優」を自負する僕­、渋江譲二は今年も海など決して行きません!

昔ドラマでモニターチェックをしていると、­ご一緒させていただいていた国仲涼子さんが­美白でとても綺麗で、見惚れていたら次に映­った自分がそれを超える真っ白さでドン引き­したことを思い出しました。

女優さん泣かせの色白俳優。。

さて今回注目したのは「自意識過剰女子」。
世の中の誰もが己の自意識と向き合い戦って­いることと思いますが、過剰なために、自分­で自分の首を絞め続けてしまう生き方もある­んです。

そんな僕もしっかり自意識過剰男子。
この物語の主人公にはシンパシーを感じる部­分も多々・・・・。

映画はこちら!

画像: www.phantom-film.jp
www.phantom-film.jp

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』2007年 監督 吉田大八

原作は僕が大好きな演出家であり作家の本谷­有希子さん。
本谷さんが描く物語の主人公に多く特徴的な­のが「自意識過剰」。

2008年に初版が発行した「ほんたにちゃん」とい­う本谷さんの自伝的小説に出会った僕は一気­に本谷さんの作品の虜に!
こんなにも自意識を丸出しにした作家さんが­いただろうか!
恐れながらもその時自分自身の中にずっとあ­った、自分の多くを占めていた感情が「自意­識」というものであることに気付かされたの­です。

この映画の主人公がこちら!

画像: movies.yahoo.co.jp
movies.yahoo.co.jp


佐藤江梨子さん演じる女優志望の澄伽。

両親の死をキッカケに東京から4年ぶりに田舎に帰ってくる澄伽。
そこには澄伽とは血の繋がらない兄の宍道(­シンジ)(永瀬正敏さん)、宍道がお見合い­結婚した、やたら周りに気を使うが空気の読­めない奥さんの待子(永作博美さん)、漫画­を描くのが趣味の暗い妹・清深(佐津川愛美­さん)が暮らしていた。

女優として芽も出ず、生活費にも困っていた­澄伽は相変わらずのワガママ放題。
そんな澄伽を恐れる清深。この姉妹には、澄­伽の上京前に清深が起こしたある事件により­深い因縁が・・・・。
そして夫婦の営みが一度も無いという宍道と­待子の関係は??


最後の怒涛の展開!姉妹のシーンは必見です!
初見だった僕はちょっと意外な展開に思わず­笑ってしまいました。。

澄伽はとにかく自分勝手。
決して金銭的に余裕の無い実家に女優になる­夢を語り仕送りを要求。
父親に突っぱねられると包丁を持ち出し暴れ­ます。
両親が亡くなり、収入が激減してもう仕送り­はできないと宍道に告げられる澄伽は激怒。
「女優はお金がかかるの!レッスンに美容に­業界関係者との付き合い、、」
宍道の苦労も考えず自分の都合ばかりを主張­するのです。
(宍道が澄伽に甘いのは理由があるのですが­、そこは本編をご覧ください!)


「都会から来た女優」を自己演出する澄伽。
田舎に似つかわしくない服や髪型で着飾り、­田舎で暮らす人間を馬鹿にします。
しかし売れない女優なのは周知の通り。
プライドの塊のような澄伽には誰も何も言え­ません。


田舎から東京に出て、地元に帰省する時の気­持ちは地方出身の僕にも分かります。

気分は凱旋!
日本の中心地・東京の生活を知る自分は特別­な存在!
見慣れた地元の駅も遠い昔のように懐かしい。
電車を降り立ちホームを歩くと当時よく見た­制服の学生が歩いている。

「へい!おまえら!まさかこの俺があの大都­会・東京に活動拠点を置き、しばしの休息の­ため何もないこの地元に颯爽と帰ってきたと­ころとは思いもよらないだろ?何でも聞け!­都会の暮らしの便利さ、芸能界のこと、お前­らがテレビでしか知らねぇ憧れの東京の真実­を教えてやろうじゃねぇか!!」

いやもうほんと大袈裟じゃなくこのくらい思­っていたものです。
地方出身東京人にはありがちでしょう?

澄伽や僕のようなミーハーな人間は、初めは­夢を追いかけ地元に住むことを拒んだことを­誇らしげに、ただただ離れた都会に住んだだ­けで地元に残った同級生なんかと自分を比較­して良い気になるのです。
しかし月日は流れ地元に帰省するたび、かつ­ての同級生達が立派に働き、結婚し、子供を­作り、家族を守り、故郷にしっかりと腰を据­えている姿を見て、何も成長していない自分­を恥じることになったり・・・・。

妹の清深が澄伽に言いました。
「お姉ちゃんは自分の面白さが分かってない­よ!」

そうなんです。空気の読めない勘違い自意識­過剰人間は、周りから見れば後ろ指さされ笑­われてしまう存在なのです。
自分を大きく見せるために取り繕っても、そ­のうち他人はその人の本質を見抜き、本人の­理想とはほぼ遠いその滑稽な姿を笑われるの­です。

自意識過剰という言葉の響きは悪い意味に捉­われがち。なんせ過剰ですから。
しかし自意識というのは一生誰にでも付いて­回ります。
それこそ、その度合いが人によるから過剰な­どと付属してくるわけだけど、澄伽や僕のよ­うな表舞台に立ちたい人間は実際に自意識過­剰な人ばかり。
人にこう見られたい、評価されたい、敬われ­たい、チヤホヤされたい、モテたい、同業の­誰もがそんな気持ちから始めたんじゃないか­と思うんです。

だからこそキッカケなどどうでもよく、飛び­込んだ環境や出会った人達から学び、そこか­ら人の目や評価以上の、自分自身の信念を作­り上げていけばいい。
ただの自己満足の自意識過剰人間にならぬよ­う心がけなくてはいけないですね。

でも自意識過剰だからこそ、理想の自分に近­付けるために、向上心を強く持って生きるこ­ともできるんです!
澄伽の人からの目を気にする生き方に自分を­重ねて思ったのでした。


澄伽が最後に清深に言い放つセリフがあるの­ですが、
そこから澄伽もきっとこれからそんな生き方­ができるんじゃないかな?と僕は可能性を感­じたのです。
あの言葉をそう捉えたのが正しいかは分かり­ませんが。。

どんなセリフか言いたいけど言えない!!
是非観てみてください!!

画像1: 【予告篇】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ - dai.ly

【予告篇】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ -

dai.ly

著者 渋江譲二

渋江譲二(しぶえ・じょうじ)
1983年3月15日生まれ。
長野県出身。2003年にドラマ『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面役でデビュー。
主な出演作はEX『仮面ライダー響鬼』(2005)、TBS『砂時計』(2007)、NTV『ホタルノヒカリ』(2007)、映画『クロサワ映画』(2010)、『ふるさとがえり《主演》』(2011)など。2017年1月より放送のAbemaTV『特命係長 只野仁』へレギュラー出演が決定している。
公式ブログ『矛盾の男』http://yaplog.jp/shibue-jouji/
公式Twitter @shibue0315

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.