ラウンド後はシャワーで十分! それでは疲れを取ることはできないぞ。お風呂にじっくり浸かるのもいいけれど、短時間で疲れが吹っ飛ぶ“サウナ”がオススメ!

お風呂よりも効果的!?

ラウンド後にサウナがいいのは、短時間で疲れがとれるから。「お風呂に入れば一緒でしょ」と思う人も多いはず。たしかに、お風呂に入ってゆっくりすることで、疲れはとれる。

ただし、、温泉医学研究所の早坂信哉先生によると、空気が熱せられているサウナは、熱を体内にも取り入れやすく、体の内外から温まるので、より短時間で効果を得られるのだという。

画像: サウナに入って身体を動かさずに運動効果を得よう

サウナに入って身体を動かさずに運動効果を得よう

サウナで疲れがとれる三つの理由

温冷交代浴で血流促進

サウナと水風呂に交互に入ることで血流促進し、疲労物質を取り除く。40度前後の風呂で水風呂に入っても効果は低い。

体内温度を上げて乳酸を追い出す

体内温度を上げることにより、血中乳酸濃度が大きく低下する。90度近い空間にいるので体内温度の上昇率はお風呂以上。

交感神経と副交感神経を刺激

サウナ浴で刺激される交感神経。水風呂・外気浴で活性化する副交感神経。この2つが働くことでリラックスできる。

サウナ後は水風呂に入ろう!

サウナのあとはもちろん水風呂! 副交感神経が刺激されて爽快感が高まるのだ。また、サウナは好きだけれど水風呂が苦手な人は、冷水シャワーを浴びるだけでも十分効果は得られる。ぜひ試してみよう!

画像: 水風呂が苦手な場合、冷水シャワーを浴びよう

水風呂が苦手な場合、冷水シャワーを浴びよう

ラウンド後にサウナで一汗かくことを習慣にると、疲れが取れやすくなり次の日に引きずらなくて済みそう。

この記事は、発売中の月刊ゴルフダイジェスト2017年10月号より抜粋。「ピンまでしっかり届くアイアン」や「ヘッドが突然走り出す魔法のドリル」など見所満載! 

写真/中居中也

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.