カスタムシャフトは値段も高いしどれがどんな性能なのかいまいちわからない。でもなんてったってカッコいいし、やっぱり自分に合ったシャフトで気持ちよく飛ばしたい。そこで、「フジクラ」、「三菱ケミカル」、「グラファイトデザイン」、「USTマミヤ」の2017年秋の新製品を同じヘッドで徹底試打。それぞれどんなシャフトなのか、みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修がレポート!

実際に打ってみないとなかなか性能を実感しにくいカスタムシャフト。その性能をお伝えすべく、試打を実施しました。すべてのシャフトを60グラム台のSフレックスで用意。ピンの「G400」ドライバーに装着し、打ち比べてみました。

アッタス史上初の先調子「ATTAS CoooL(クール)」

画像: アッタス史上初の先調子「ATTAS CoooL(クール)」

まずはUSTマミヤの人気ブランド「アッタス」の9代目、「CoooL」(クール)から。8代目はパンチ、9代目は9にかける意味でCoooL(クール)と、毎回ネーミングもユニークなこのシャフト、打ってみた印象は「インパクト付近でヘッドが走る!」というもの。インパクトで振り遅れて右にすっぽ抜ける球が出てしまいがちな人でも、インパクト付近でヘッドが追いついて来てボールをとらえてくれるからつかまるし、球も上げてくれると思います。

ドライバーヘッドの大型化と低スピン化により、フェースが返せずにスライスしてしまう人、球が上がりにくい人にはぜひ試してもらいたいシャフトになっています。

しっかり振れる「スピーダー エボリューションIV」

画像: しっかり振れる「スピーダー エボリューションIV」

フジクラのエボリューションシリーズの4代目「エボリューションIV」。コスメが黒と金で、どんなヘッドにも似合いそうです。打ってみると、しっかり感があって弾きがいいのが好印象。スピン量が少なく、中弾道の強い球で飛んでいくので、吹き上がることもなく飛距離も期待できます。

軽く振っても飛ばせるというよりは、自分の持てるヘッドスピードでしっかり振ったときに真価を発揮するというシャフトです。40グラム台のR2フレックスからラインナップがあるので、ヘッドスピード37m/sくらいからスペックを選べるのもうれしいですね。

出球の方向性がバラつく人や、入射角が少しダウンブローでスピン量が多い人、そしてドライバーはしっかり振りたい人はぜひ試すといいと思います。

走り系なのに左が怖くない「ディアマナRF」

画像: 走り系なのに左が怖くない「ディアマナRF」

大学院では破壊力学を学んだ理系女子”リケジョ”が設計したという三菱ケミカルの「ディアマナ RF」。実際に打ってみたところ、赤マナといわれる”走り系”の赤いディアマナシリーズの後継種でありながら、叩いてもフェースが返り過ぎて左に飛ぶ怖さがない不思議な感覚のシャフトでした。

適度なつかまりと高弾道が印象的ですが、ある程度シャフトのハリも感じられたので、大きくしなりを感じるモデルではなく、スピード感のあるシャフトと言えます。

つかまりがよいのに引っかけが出にくいう点からフェードヒッターに合うシャフトと言えるディアマナRF。高弾道で球も上がりやすいシャフトですね。

タイプを選ばずに飛ばせる「ツアーAD IZ」

画像: タイプを選ばずに飛ばせる「ツアーAD IZ」

素直なしなりでプロ使用率も高かった「PT」の進化版的なモデル。打ってみると、シャフト全体のしなりを感じながら打てるから、スウィングのテンポが安定します。持ち球がドロー系でもフェード系でもマッチする非常に素直なしなり方でシャフトの力を借りて飛ばす感覚がわかります。

球が上がらない人、切り返しからコックが解けてリリースが早い人。しなりを感じながら高弾道で打てるかはオススメします。

最後に、まとめとしてスウィングごとにオススメのシャフトを挙げていきたいと思います。

振り遅れてつかまらない人は「アッタス クール」

球が散らばる人には「スピーダー エボリューションIV」

左への引っかけが多い人には「ディアマナ RF」

ドローやフェードも打ち分けたい人には「ツアーAD IZ」

個性あふれる4本をチェックして秋のゴルフシーズンに、さらなる飛距離アップ、スコアアップを狙ってくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.