ドライバーはいいのに、セカンドショットのアイアンはいまいち......そんな経験ある人は多いはず! どうしてアイアンが上手く打てないのか。「多くのゴルファーは、アイアンもドライバーも大きく振り上げようとしていますが、アイアンでは“振りすぎ”になるんです」と佐伯三貴プロ。アイアンマンへの近道を教えてもらった。

「9時まで」イメージで理想の「9時半」になる

「アイアンは飛ばすクラブじゃないのに、多くの人は大きく上げすぎ。トップがコンパクトになっても、飛距離はそんなに変わらないですよ」と佐伯三貴プロ。

意識してトップをコンパクトにしてみたけれど、写真や動画でチェックしたら、ほとんど変わってなかった。そんな経験がある人も多いはず。なぜそうなるのか?

「私の場合、左腕がちょうど時計の『9時』を指す高さがトップのイメージ。それ以上に上げようとすると、テークバックの勢いで『9時半』どころか、イメージより大きく『11時』ぐらいに上がっちゃう。惰性を計算に入れての『9時』です」(佐伯、以下同)

また、トップをコンパクトにしようとしても上手くいかない原因は他にもあるという。

「右ひじの角度です。アマチュアの人は手でクラブをヒョイと上げる人が多いので、トップで右ひじが曲がりすぎちゃうんです。だから、クラブがどこまでも上がってしまう。トップの右ひじの角度は90度が理想。直角をキープする意識を持てば、オーバースウィングは防げます」

画像: 「アイアンで手で使っていいのは、右ひじの角度が90度まで。あとは体を使って上げるんです。90度以上は絶対に曲げない、という意識があれば、手上げの悪癖がなくなります」

「アイアンで手で使っていいのは、右ひじの角度が90度まで。あとは体を使って上げるんです。90度以上は絶対に曲げない、という意識があれば、手上げの悪癖がなくなります」

右ひじ直角の9時半トップを作る感覚をつかむのに効果的なのが、佐伯プロ直伝の方法。

「肩から右ひじのラインが地面と平行になる高さに右腕を上げます。右ひじを直角にして、そこに左手を添える。これで正しい9時半トップの完成です」

画像: 右手にクラブを持ち左手を合わせてあげれば、簡単に9時半トップを体感できる

右手にクラブを持ち左手を合わせてあげれば、簡単に9時半トップを体感できる

アイアンは振りすぎが一番のミスの元。コンパクトな「9時半」トップでピンをデッドに狙っていこう。

写真/有原裕晶

(週刊ゴルフダイジェスト2017年2/14号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.