画像: 【発表】10月シリーズに臨む日本代表24人が決定! 車屋紳太郎を招集!!

日本代表24人決定!

9月28日、JFAハウスにおいて、『キリンチャレンジカップ2017』/10月6日のニュージーランド戦(豊田スタジアム)、10日のハイチ戦(日産スタジアム)に臨む日本代表メンバー24人が発表された。

■10月シリーズ日本代表メンバー
▼GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(G大阪)
中村航輔(柏)
▼DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎F)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
昌子 源(鹿島)
槙野智章(浦和)
植田直通(鹿島)
▼MF
山口 蛍(C大阪)
井手口陽介(G大阪)
遠藤 航(浦和)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
倉田 秋(G大阪)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
▼FW
久保裕也(ヘント/ベルギー)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
乾 貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(C大阪)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

会見に臨んだハリルホジッチ監督は、今回の2試合と合宿に関し、「W杯まで9カ月の準備期間がある。出場が決まってみなさん喜んでいただけたが、これからはまったく別世界になる。最も厳しいところが、これから始まります。私は、日本代表がしっかり結果を残さないといけないと思います。そして成功を収めるためには現時点から始めないといけません。次回の合宿のテーマの一つはしっかりレベルを上げるということになる。選手たちのためのW杯ではありますが、3週間前に準備を始めても遅いのです。それぞれのクラブでも、それぞれのやり方でプラスアルファの努力をしてもらいたい」と話し、すでに9カ月後の本大会に向けた準備が始まっていることを強調した。

今回、招集したメンバーでは、本田圭佑(パチューカ)が選外となったが、指揮官は「ケガをしていた選手です。コンディションを取り戻してもらいたい」と今回はコンディションの問題で招集を見送ったことを説明。また岡崎慎司(レスター)については「(同じポジションの)杉本と武藤嘉にチャンスを与えたいと思った」と選外とした理由を語った。

また、40~50人とする代表候補選手の中で最近ケガ人が多いことにも触れ、「非常に心配なのはケガ人が多いことです。柴崎岳、大島僚太、齋藤学、そして彼らよりも前にケガした選手もいます」と話し、「最近好調だった齋藤」ら招集を考えていた選手を呼べなかったことを悔やんだ。

一方で2016年の合宿以来の『代表』となった車屋の招集については「左利きの左サイドバックをさがしていました。サイドバックというのは攻撃でも守備でも重要なポジション。どこまでのレベルでできるのか、見てみたい。ただし、W杯(で戦うため)の要求は非常に高いものになる」と説明。期待を寄せた。

招集したメンバーについて「2試合とも違うメンバーで戦うつもりです。この合宿ではこれまであまり出場機会がなかった選手にチャンスを与えたい。例えば東口がゴールマウスを守るかもしれません」とハリルホジッチ監督。W杯の準備として重要なゲームとなる10月シリーズから、選手の見極めを進めることになる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.