2017年9月は話題のアイアンの発表ラッシュ。ここにきてテーラーメイドからもニューアイアンが登場した。カスタム限定で展開中の「P700」シリーズに加わった新モデル「P790」と「P730」?一体、どんなアイアンなのだろう?

中空構造で飛ばせる「P790」

「P790」アイアンは新テクノロジー採用の軟鉄鍛造アイアン。中空構造、貫通型スピードポケットなど、これでもかというほどテーラーメイドの技術が詰まっている。スイートエリアを広げつつ、高い飛距離性能を実現してくれるモデルだ。

画像: シャフトは、ダイナミックゴールド、モーダス3 105の2種類。価格はそれぞれ6本セット(5I-9I,PW)でダイナミックゴールドが14万4000円(税抜)、モーダス3 105が15万3000円(税抜)

シャフトは、ダイナミックゴールド、モーダス3 105の2種類。価格はそれぞれ6本セット(5I-9I,PW)でダイナミックゴールドが14万4000円(税抜)、モーダス3 105が15万3000円(税抜)

従来と比較するとより小型・薄型に最適化されたフェースが、トウからヒール、フェース下部まで全体の柔軟性を向上させ、ミスヒットに対応してくれる。

画像: 反発力と打感を両立させる「スピードフォーム充鎮剤」を使用

反発力と打感を両立させる「スピードフォーム充鎮剤」を使用

さらに中空構造の内部には、フェースの反発力を落とすことなく音や打感を向上させる「スピードフォーム充鎮剤」を採用。テーラーメイド史上でもこれまでにないような、パフォーマンスとフィーリングの両立を高いレベルで実現したアイアンに仕上がっている。

プロのフィードバックを再現した「P730」

「P730」アイアンを一言で表すなら「プロのこだわりが詰まったアイアン」だ。数々の実績を残してきた「ツアープリファード」アイアンの伝統を受け継ぎつつ、ジャスティン・ローズやダスティン・ジョンソンといったトッププレーヤーたちのフィードバックを忠実に再現することで、形状と質量特性の部分で改良を加えた、全番手1ピース構造の軟鉄鍛造アイアン。

画像: 「P790」と同じく、シャフトはダイナミックゴールド、モーダス3 105の2種類。価格はそれぞれ6本セット(5I-9I,PW)でダイナミックゴールドが15万円(税抜)、モーダス3 105が15万9000円(税抜)。

「P790」と同じく、シャフトはダイナミックゴールド、モーダス3 105の2種類。価格はそれぞれ6本セット(5I-9I,PW)でダイナミックゴールドが15万円(税抜)、モーダス3 105が15万9000円(税抜)。

プロが求める寛容性、操作性向上のため、バックフェースの中央部分を削り出すことで水平方向の慣性モーメントはそのままに、垂直方向の慣性モーメントのみを向上させたという。

画像: ツアープロから「アドレス時の構えやすさが向上した」という声が多数出たという

ツアープロから「アドレス時の構えやすさが向上した」という声が多数出たという

「P790」は2017年10月上旬、「P730」は11月に予約受付開始予定だ。ほかにも、「ミルド・グラインド・ウェッジ」からカスタム限定モデルとしてブロンズカラー「ミルド・グラインド・ウェッジ・ブロンズ」も登場する予定となっている。

ウッドブランドのイメージの強いテーラーメイドだが、アイアンにも名器は多い。忘れずにチェックしておこう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.