現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はA、Bセグメントのコンパクトカーにスポットを当てているが、今回は「MIMI 3ドア」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: MINI 3ドア クーパーSD。ディーゼルエンジン搭載車だ。

MINI 3ドア クーパーSD。ディーゼルエンジン搭載車だ。

3代目は5ナンバー枠を超えた

「MINI」シリーズとしては3代目となる最新のF56型は、BMWが開発した新たなFF用プラットフォーム(UKL1)を採用している。

もっともコンパクトな3ドアのMINIでも全幅はついに5ナンバーを超え、大型化してプレミアム化が進む。

画像: 伝統的なデザインモチーフに最新機能を盛り込んだ。

伝統的なデザインモチーフに最新機能を盛り込んだ。

ガソリンエンジンはすべて直噴ターボで、直3 1.2Lと1.5L、直4 2Lを用意。ディーゼルエンジンも直3 1.5Lと直4 2.0Lが用意される。

注目ポイント:センターメーターが廃止された3代目は中央モニター周辺のリング部にLEDイルミネーションが仕込まれ動作状況によってカラーが変化する楽しい仕掛けもある。

画像: 2Lディーゼルを搭載するクーパーSDはJC08モード燃費が23.8km/L

2Lディーゼルを搭載するクーパーSDはJC08モード燃費が23.8km/L

MINI 3ドア 主要諸元

全長:3835~3875mm
搭載エンジン: 1.2L 直3ターボ/1.5L直3ターボ/2L 直4ターボ/1.5L直3ディーゼルターボ/2L 直4ディーゼルターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速MT/6速AT
車両価格:2,300,000~4,290,000円

画像: MINIコンバーチブル クーパー。車両価格348万円、高価だがその価値は十分にある。

MINIコンバーチブル クーパー。車両価格348万円、高価だがその価値は十分にある。

スタイリッシュなオープンモデル

2016年に追加投入されたコンバーチブルは、3代目の上質感を受け継ぎながら洗練されたオープンモデルとして登場した。

1.5L 直列3気筒直噴ターボのクーパーに、2L 直4直噴ターボのクーパーS、さらに高性能版「JCW」というラインナップが揃っている。

全車に標準装備される電動オープンシステムは30km/h以下なら走行中でも開閉可能で、約18秒で動作が完了する。この3代目からMTモデルが姿を消してしまったのは残念だ。

注目ポイント:個別のカスタマイズプログラムとなる「MINI Yours」がスタートした。パッケージ設定されるほか、シートの素材やデザイン、ハンドルなどをそれぞれに選択可能だ。

MINI コンバーチブル 主要諸元

全長:3835〜3860mm
搭載エンジン: 1.5L 直3ターボ/2L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション: 6速AT
車両価格:3,480,000~4,990,000

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.