日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、 12月1日~2018年3月15日の期間限定で、屋外ダイニングで楽しむ体験型の「ダッチオーブンディナー」として、「冬の狩猟肉ディナー」を提供します。このディナーは、狩猟肉の「鹿肉」と「猪肉」を使用し、季節ごとの特徴を生かしたコース料理を提供しているシリーズの冬バージョン。冬は、「丘陵(きゅうりょう)の森ごもり」をコンセプトに、秋から熟成させた猪肉や、根菜などの冬野菜を食材として活用するほか、冬に収穫する鹿肉をじっくりと時間をかけて火入れを行うことで、人々が冬の森で過ごす様子をメニューで表現したディナーが提供されます。

画像: 冬の森で「狩猟肉(ジビエ)」をじっくり味わう!

冬の狩猟肉ディナーで使用する狩猟肉の特徴

同リゾートで使用する狩猟肉は、一流の猟師が適切な技術とスピードで処理しているため、臭みが少なく肉の旨みだけを楽しむことができます。特に冬は気温が低いため、狩猟した肉の温度を急速に下げる事ができ、肉を新鮮な状態で保つことに適した環境が整っています。さらに冬の鹿は、木の皮やもみがらなどを主なエサとするため、脂が減る分、身が締まり、他の季節に比べるとクセが少なく食べやすいことが特徴です。また、冬は、秋に収穫した狩猟肉を保存食として楽しむことができる季節です。そこでディナーでは、猪肉を冬まで熟成させたハムやベーコンなどの保存食も活用します。

画像: 冬の狩猟肉ディナーで使用する狩猟肉の特徴

丘陵の森ごもりがコンセプト

冬の山麓は、農閑期のため、他の季節と比べて人々が家での食事にゆっくりと時間をかけることができる時期です。そのため、料理はじっくりと火をかけて調理するものが多いことが特徴です。また、食材は、根菜や芋などの冬野菜や、秋から熟成させた肉や調味料など、長期保存できるものが活躍します。当ディナーでは、冬の食卓で使われる食材と狩猟肉を中心にメニュー開発し、冬の山麓で穏やかに過ごす食卓の様子を、丘陵の森ごもりと表現しました。
メニューの一例として、冬野菜のジャーサラダは、猪肉のハムの串刺しを、燃やした藁(わら)の上で、炙ったものと一緒に提供します。猪肉のハムは、秋から熟成させた肉を使用するため、生肉よりも柔らかくなり、旨みが凝縮されることが特徴です。また、メイン料理の鹿肉は、ダッチオーブンでゆっくりと時間をかけて冬野菜と一緒にグリルします。ここで使用する根菜などの冬野菜は、保存すればするほど味の角が取れ、甘みも増すため、冬のクセの少ない狩猟肉との相性も抜群です。さらに、味付けはシンプルに優しくほどこすことで、鹿肉本来の旨みを楽しむことができる一品です。

画像: 丘陵の森ごもりがコンセプト

冬でも快適なアウトドア空間でダッチオーブンを使って食べる

食事をする空間も、よりグランピングらしくアウトドアをラグジュアリーに楽しんでほしいとの思いから、食事は屋外ダイニングで提供します。さらにこの季節限定で、コタツ状のテーブルを用意します。身体が温まる料理と、コタツの暖かさで、冬の森の中での食事も暖かく、快適に過ごすことができます。料理は、ダッチオーブンを使い、食材の火入れから盛りつけまで、お客様自身が行います。おいしく仕上がる調理方法を熟知しているグランピングマスターのサポートがあるため、安心です。自然を感じられる場所で、自身の手を動かして、火のそばで仲間と語り合いながら料理をつくるグランピングならではの楽しみ方ですね。

画像: 冬でも快適なアウトドア空間でダッチオーブンを使って食べる

概要
■期間:2017年12月1日~2018年3月15日
■時間:18:00~
■定員:4組8名 1名より提供可
■対象:満13歳以上の宿泊者
■料金:1名15,000円(税・サービス料10%別、宿泊代別)
■予約:前日18:00までの事前予約制
■予約方法:公式HPよりWEB予約
*仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合があります。
■詳細(ダッチオーブンディナー):http://hoshinoyafuji.com/#/dining/dining02

星のや富士
2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を望む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事とともに大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」です。
〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408/客室数 40室

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.