ベトナムやアジアを舞台にした『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』で知られるトラン・アン・ユン監督が、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョらフランス女優を主演に迎えた初めての映画『エタニティ 永遠の花たちへ』が現在ヒット公開中。このたび衣装監督インタビュー&メイキング映像が解禁となった。
画像: 現在公開中の映画『エタニティ 永遠の花たちへ』、
衣装監督インタビュー&メイキング映像が解禁

当時の家族写真にインスパイアされた衣装が見どころ

本作は、運命に生きる3人の女性たちを通して命が受け継がれていく様を描き、“生”の素晴らしさを感じさせる、大いなる人生讃歌。見どころの一つが、女優たちが着こなす、当時を表現した衣装だ。本作の衣装は『潜水服は蝶の夢を見る』(07)でアメリカ衣装デザイナー組合賞にノミネートされた経験を持つオリヴィエ・ベリオが手がけている。

画像: 『エタニティ 永遠の花たちへ』 EPK~衣装デザイン~ youtu.be

『エタニティ 永遠の花たちへ』 EPK~衣装デザイン~

youtu.be

衣装制作の裏側をのぞくことができる貴重な映像

このたび解禁された映像では衣装制作の貴重な裏側をのぞくことができる。「当時の家族写真を集め、監督に見てもらいました。一般の人々が家族写真を撮り始めた時期と重なりました。おかげで衣装合わせは解放感が生まれました。家族写真はファッション誌ではありません。おさがりや時代遅れな形や。混沌を再現するのに、家族写真に助けられました」と語るベリオ。制作の裏舞台がわかると、映画の味わいもより深まるはずだ。

エタニティ 永遠の花たちへ
9月30日(土)シネスイッチ銀座他にて全国順次公開中
配給:キノフィルムズ
© Nord-Ouest

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.