「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦10月2~8日/賞金総額156万3795ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、マクラクラン勉(日本)/内山靖崇(北日本物産)が予選勝者のトリート・ヒューイ(フィリピン)/アディル・シャマズディン(カナダ)を6-2 6-7(5) [10-7]で倒して初戦突破を果たした。試合時間は1時間30分。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て今大会に初出場となるマクラクランは、ATPツアー白星デビュー。内山は、錦織圭(日清食品)とのペアで臨んだ2014年の大会以来となるダブルスでのツアー勝利となった。

 マクラクランと内山は、今大会が3度目のダブルス出場。今年6月にニュージーランドから日本に国籍変更した25歳のマクラクランは、3週間前のデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター/ハードコート)で日本代表入りを果たし、同ペアでデ杯デビューを果たしていた。

 シングルスにも出場している内山は、前日に行われた1回戦で予選勝者のフランコ・シュクゴール(クロアチア)を6-3 3-6 6-1で破っており、単複ともに初戦を勝ち上がった。

 マクラクラン/内山は準々決勝で、第1シードのジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)と対戦する。ロジェ/テカウはUSオープン決勝の再現となった1回戦で、フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(ともにスペイン)を6-7(5) 6-2 [10-5]で下しての勝ち上がり。

写真◎井出秀人(テニスマガジン)

画像: 「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京・有明テニスの森)でのダブルスで初戦突破を果たしたマクラクラン勉(右)/内山靖崇(撮影◎井出秀人/テニスマガジン)

「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京・有明テニスの森)でのダブルスで初戦突破を果たしたマクラクラン勉(右)/内山靖崇(撮影◎井出秀人/テニスマガジン)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.