弊誌2015年9月号でも紹介した茶野邦雄氏が撮影した「サプール 平和をまとった紳士たち」。2016年春に西武渋谷店で開催された写真展では、夜になっても当日チケットを求める若い客が立ち並ぶ大反響を巻き起こした。その話題の写真展がさらにグレードアップして大丸創業300周年企画の一環として全国の大丸・松坂屋4店舗を巡回している。その大丸東京店の写真展を観てきた。
画像: 「サプール」の男たちは笑顔を絶やさない。また時折見せるクールな顔にもシビれる。とにかくカッコイイ! sapeurjp.com

「サプール」の男たちは笑顔を絶やさない。また時折見せるクールな顔にもシビれる。とにかくカッコイイ!

sapeurjp.com

「サプール」と呼ばれる彼らは、世界でも貧しい国にあげられるアフリカ・コンゴにおいて、1ヵ月の収入をはるかに上回る高額なブランドスーツに身をまとい、街を練り歩く男たちのこと。発達していない街の中で目を引く鮮やかなファッションの対比が凄まじい。「サプール」達はファッションで平和のメッセージを発信し続けているのだ。

画像: 大丸東京店ではサプールメンバーのセヴラン氏が来店,またアンバサダーのドン小西氏や話題の女性写真家ヨシダナギさんとのトークセッションが行われた。

大丸東京店ではサプールメンバーのセヴラン氏が来店,またアンバサダーのドン小西氏や話題の女性写真家ヨシダナギさんとのトークセッションが行われた。

画像: 「戦争には何ひとつ良い事はない。何も残さず失うだけ。もし洋服か武器かという選択があれば誰もが洋服を選ぶでしょう」(作品のキャプションより)

「戦争には何ひとつ良い事はない。何も残さず失うだけ。もし洋服か武器かという選択があれば誰もが洋服を選ぶでしょう」(作品のキャプションより)

画像: 会場には写真、ビデオばかりではなく立体的なディスプレイも。

会場には写真、ビデオばかりではなく立体的なディスプレイも。

「THE SAPEUR サプール写真展」~平和をまとった紳士たち~

●9月28日(木)~10月10日(火) 大丸東京店(11階催事場)
●10月18日(水)~30日(月) 大丸札幌店(7階ホール)
入場料/一般500円、中学生以下無料
 *大丸心斎橋店、松坂屋名古屋店は終了

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.