「最近、太ってきた」、「肌荒れが治らない」、「ストレスが溜まる一方」……。そんな “大人女子あるある” な心身トラブルの救世主として、ブルーグリーンアルジーがブレイク中。サプリやほかのスーパーフードよりも頼れると、多くの人が口を揃える理由やベストな取り入れ方をご紹介。

 

教えてくれたのは……

杉浦千春さん

画像: 杉浦千春さん

Holistic Life Design代表。英国IFA認定アロマセラピスト、ローフードマイスター知立校講師。ブルーグリーンアルジーのポテンシャルにいち早く注目し、世界的にも信用度が高いE3Live社製品の正規輸入代理店を開業。

 

鈍った大人の細胞を活性化する
“地球最古の生物”

画像: ブルーグリーンアルジーは、アメリカ・オレゴン州にあるアッパー・クラマス湖にのみ生息する希少な生物。

ブルーグリーンアルジーは、アメリカ・オレゴン州にあるアッパー・クラマス湖にのみ生息する希少な生物。

ビューティコンシャスな人々に「この1年で新たに始めた美活は何?」と尋ねたら、きっと多くの人が「ブルーグリーンアルジーを飲み始めた」と即答するんじゃないでしょうか。それくらい急速に浸透中のブルーグリーンアルジーですが、その正体は30億年以上前に誕生した藍藻(らんそう)類。“地球最古の生物” とも言われています。

画像: アッパー・クラマス湖周辺は北米先住民の聖地であり、パワースポットとして知られる。

アッパー・クラマス湖周辺は北米先住民の聖地であり、パワースポットとして知られる。

 

“栄養素のデパート” が
体と心をポジティブにチューニング

画像: リキッドタイプのブルーグリーンアルジーを水とブレンド。

リキッドタイプのブルーグリーンアルジーを水とブレンド。

“原始生命ブルーグリーンアルジー” は、植物の機能と動物に近い機能の両方を持っているおかげで、含まれている栄養素が多種多様! ビタミンやミネラルからタンパク質まで、80種以上の栄養素を豊富に含んでいます。その中には抗炎症や抗酸化、デトックス効果で知られる「フィコシアニン」も。フィコシアニンの濃度が高いことに着目し、ダイエットやアンチエイジングの一手としてチャージする人も増えています。
 

画像: こちらはパウダータイプ。湖で採取されたブルーグリーンアルジーを低温リフタクタンス・ウインドウ製法で加工したもの。そのお味はどことなく “磯風味” !?  でも、飲むのが苦になるほどのクセはない。

こちらはパウダータイプ。湖で採取されたブルーグリーンアルジーを低温リフタクタンス・ウインドウ製法で加工したもの。そのお味はどことなく “磯風味” !? でも、飲むのが苦になるほどのクセはない。

そしてもう一つ、ブルーグリーンアルジーがユニークなのは、“恋愛ホルモン” とも呼ばれる「フェニルエチルアミン」を高濃度で含んでいること。フェニルエチルアミンは恋愛初期のような高揚感をもたらしてくれる物質で、精神的なストレスの軽減や鬱々とした気分を明るくする効果、さらには整腸作用があるとされています。

つまり、ひとつでマルチな効果を望めるレスキューフードがブルーグリーンアルジー。お悩み別にサプリや栄養ドリンクをチョイスし、組み合わせるという、面倒な手間が省けてしまうのです。

 

実際飲んでみると……
体もマインドもなんだか軽くなる

画像: 実際飲んでみると…… 体もマインドもなんだか軽くなる

「チャージすることで、私自身、疲れにくくなり気持ちの浮き沈みも減りました。また私の友人には、顔にあったシミが薄くなった人もいますし、過食しなくなった、という人もいます」(杉浦千春さん)。

ブルーグリーンアルジーの吸収率は約98%との説もあり、この驚異的な吸収率のおかげで、飲み始めてすぐに効果を実感できるのだと考えられています。

1番効果的なのは、朝の空腹時と日中の2回に分けて、水と一緒に飲む方法。パウダーやリキッドは、ジュースなどに混ぜてもOK。加熱さえしなければ、基本的に効果が損なわれることはありません。

 

パウダー・カプセル・リキッドの
3タイプからセレクト

画像: 左から:E3Live AFA パウダー 50g ¥11000、同 カプセル 60粒 ¥9000、同 リキッド生フローズン 473ml ¥11000/ホリスティックライフデザイン

左から:E3Live AFA パウダー 50g ¥11000、同 カプセル 60粒 ¥9000、同 リキッド生フローズン 473ml ¥11000/ホリスティックライフデザイン


取り入れやすさを重視するならパウダーかカプセル、効果を重視するなら、採取されたブルーグリーンアルジーを加工せずに冷凍したリキッドがおすすめ。寒さが増して免疫力や代謝が低下しやすくなるこの時季こそ、試しどきです!

Holistic Life Design(ホリスティック ライフ デザイン)
☎︎0566-81-5070

 
Photo:Mamoru Ichikawa,Holistic Life Design Composition:Chihiro Horie

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.