「ゴーセンカップ スウィングビーチ 牧之原国際レディースオープンテニストーナメント」(静岡県牧之原市・静波リゾート スウィングビーチ/本戦10月10~15日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスは、第1シードの清水綾乃(Club MASA)、第3シードの加治遥(島津製作所)、第4シードの秋田史帆(北島水産)、第6シードの井上雅(テニスラウンジ)、第7シードの村松千裕(グラムスリー)、第8シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)、予選勝者のナオミ・チョン(アメリカ)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の吉岡希紗(四日市商業高校)がベスト8進出を決めた。

 今年のインターハイでナンバーワンとして団体戦優勝を果たした高校2年の吉岡は、華谷和生(Ravie Court)を6-4 3-6 6-1で破って準々決勝進出を決めた。

画像: ワイルドカードで出場し、準々決勝進出を果たした四日市商業高校2年の吉岡希紗(写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会)

ワイルドカードで出場し、準々決勝進出を果たした四日市商業高校2年の吉岡希紗(写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会)

 ダブルスでは、第1シードの井上/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)、第3シードのハリエット・ダート(イギリス)/スー・チンウェン(台湾)、荒川晴菜(フリー)/小堀、西郷幸奈(フリー)/清水が準決勝に進出した。

 10月13日(金)は9時30分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

        ◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○1清水綾乃(Club MASA)[1] 6-0 6-2 ●4西本恵(島津製作所)

○6ナオミ・チョン(アメリカ)[Q] 6-3 6-2 ●7西郷幸奈(フリー)

○9秋田史帆(北島水産)[4] 7-6(5) 2-6 6-2 ●11本玉真唯(日出高校)

○16村松千裕(グラムスリー)[7] 6-1 6-1 ●13清水千夏(福島工業)[Q]

○17井上雅(テニスラウンジ)[6] 6-4 6-2 ●20輿石亜佑美(浦和麗明高校)[Q]

○24加治遥(島津製作所)[3] 6-1 3-6 7-5 ●21藤原里華(北日本物産)

○25小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[8] 6-0 6-2 ●27スー・チンウェン(台湾)

○30吉岡希紗(四日市商業高校)[WC] 6-4 3-6 6-1 ●31華谷和生(Ravie Court)

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○1井上雅/高畑寿弥(テニスラウンジ/橋本総業ホールディングス)[1] 6-0 6-0 ●3川﨑光美/山本みどり(テニスユニバース/アムテック)

○5ハリエット・ダート/スー・チンウェン(イギリス/台湾)[3] 7-5 7-6(3) ●7秋田史帆/小関みちか(北島水産/フリー)

○11荒川晴菜/小堀桃子(フリー/橋本総業ホールディングス)6-3 6-1 ●10加治遥/村松千裕(島津製作所/グラムスリー)

○13西郷幸奈/清水綾乃(フリー/Club MASA)4-6 7-6(2) [10-2] ●15長谷川茉美/カジュール アンジュ(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[WC]

写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会

画像: ダブルス準々決勝で対戦したハリエット・ダート/スー・チンウェン(右側)と秋田史帆/小関みちか(写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会)

ダブルス準々決勝で対戦したハリエット・ダート/スー・チンウェン(右側)と秋田史帆/小関みちか(写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.