沖縄・竹富島の滞在型リゾート「星のや竹富島」では、現代を忙しく過ごす女性達に向け、「幻の島のピクニック女子会」プログラムを販売開始。冬でも平均最高気温が20℃を越える温暖な気候のため、避寒地として訪れる方も多い竹富島。冬ならではの穏やかで温かい日差しの中で、離島のゆったりとした島時間を感じることができます。観光客が多い真夏には体験できない、プライベート感あふれる、幻の島でのピクニックや、珊瑚スノーケルがお楽しみ頂けますよ。

画像: 冬だからこそ、沖縄・離島を贅沢に体験しよう!

星のや竹富島が提案する、冬の女子会ポイント

冬の女子会ポイント1 | 冬だからこそ、島時間を楽しむ

八重山地方は、亜熱帯気候に属し、年間を通じて温暖な気候です。真夏の強い日差しからは想像ができないやわらかな太陽の光に包まれる冬の季節は、真夏のような混雑もなく、のんびりとした島時間を感じることができます。

画像: 冬の女子会ポイント1 | 冬だからこそ、島時間を楽しむ

冬の女子会ポイント2 | 冬だからこそ、八重山の自然を満喫する

焼けつくような夏の日差しが和らぐ冬の季節、12月~2月は年間で最も紫外線が少ない時期です。冬の季節は、長時間海で遊んでも、真夏ほど日焼けを気にする事もありません。スノーケルやダイビング、八重山の海を楽しむマリンスポーツも十分に楽しむことができます。気温は高すぎず、のんびり周辺観光にも適した季節です。

画像: 冬の女子会ポイント2 | 冬だからこそ、八重山の自然を満喫する

冬の女子会ポイント3 | 冬だからこそ、夜におしゃべりする

八重山の日没は、東京から遅れる事1時間です。少しゆっくりと日暮れが訪れます。竹富島の夜は、照明が少ないため、周辺には暗闇がどこまでも続き、自然の音以外は聞こえない非日常の空間が広がります。IDA(国際ダークネス協会)が、美しく星空を見ることに適した場所として認定する「ダークスカイプレイス」として申請される八重山エリアの星空は、21個ある一等星をすべて見ることができ、88星座中、84の星座を見ることができます。12月下旬から5月頃までは、南の方角に南十字星を見ることもできます。満点の星空と暗闇の中、自然の音と友人とのおしゃべりの声だけが響きます。

画像: 冬の女子会ポイント3 | 冬だからこそ、夜におしゃべりする

「幻の島のピクニック女子会」概要
1 無料レンタサイクルで、島時間流れる集落へでかける
星のや竹富島では、集落までのお出かけのために無料でレンタサイクルをご用意しています。
ゆったりとした島時間が流れる島内をのんびり自転車で散策することができます。
2 幻の島で、世界有数の美しい海を満喫する
竹富島から、貸し切りチャーターボートで幻の島まで約20分、真っ青な八重山の海を眺めながら、三日月型の無人島幻の島(浜島)に上陸します。360度八重山の海を見渡す大パノラマに、プライベートピクニックセットをご用意します。ピクニックの後は、温暖な気候を活かし、冬でもスノーケルやダイビングなどマリンスポーツを楽しむことができます。石垣島から西表島まで広がる400種類の造礁サンゴが生息するこの海域は、世界でも有数の美しい海として知られています。
3 満点の星空の下、部屋でアフターディナーを楽しむ
夕食後は、ご滞在中のお部屋に、食後のチョコレートや、施設内で収穫したハーブを使ったフレッシュハーブティーやスパークリングワインをご用意します。満点の星空の下で、夕食後の静かな時間を仲間とのおしゃべりで楽しむことができます。
幻の島 絶景女子会プログラムに含まれる内容
■期間:2017年12月1日~2018年2月28日(除外日:2017年12月23日~2018年1月7日、1月13日~1月20日)
■含まれるもの:チャーターボート(ガイド付き)、ピクニックセット(軽食付き)スノーケル体験、アフターディナーセット
■料金:おひとりさま38,000円(3名利用時 税・サービス料、宿泊費、食事別 3名様より予約受付、最大8名様)
*一週間前までに要予約 *天候状況により開催中止となる場合があります
■持ち物:水着、濡れても良い服装(スノーケルセット、ウェットスーツは貸出致します)
スケジュール例
<1日目>
15:00 チェックイン
15:30 レンタサイクルで島内へ
16:45 夕凪の唄鑑賞
19:00 夕食(別料金)
<2日目>
08:00 朝食(別料金)
09:30 星のや竹富島出発 チャーターボートで幻の島へ
13:30 星のや竹富島戻り
18:00 夕食(別料金)
21:00 アフターディナー
<3日目>
07:00 朝食(別料金)
08:00 水牛車観光(別料金)
12:00 チェックアウト
星のや竹富島
竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などで、小さな集落が構成されています。
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富町/客室数 48室

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.