月刊ゴルフダイジェストで連載中の「マイクラブ・マイギアを語ろう!」。2017年12月号で紹介されているのは、2017年シーズン賞金王レースを争うなどツアーを盛り上げているチャン・キムの14本。飛距離モンスターのセッティングを見てみよう。

小さめヘッドでも安定感は抜群

異例だが、ピンは今年の全米オープンで、新しい「G400」をツアーにリリースした。しかし、キムはひと目で気に入り、すぐに使い始めたという。

「僕は、小さめのヘッドのドライバーが好きなんだけど、『G400』は、ヘッドが小さくなったのに曲がらないし、スピンが少なくて強い球が出る。『完璧だ』って思ったよ。それに、前のモデルより、明らかに打音がよくなった。以前は、芯を外すと極端に鈍い音がしたんだけど、『G400』は、打音による音の変化が少なくてフィーリングがいいし、フィードバックをより感じるから、プレーのリズムが作りやすいね」(チャン・キム)

「スピンが少なくてよく飛びますよ」

計測では平均で5ヤード伸びた。いやはや、どこまで飛ばすのか。

ヘッドが重くなってさらに球が強くなった

クラウン部がより軽量化され、その分、低重心となり、ヘッド慣性モーメントも前モデルよりアップしている。データでは、ヘッドスピードは約55m/s、ボール初速は75m/sを超え、キャリーは何と、320ヤード!

画像: 打音を改良。フィーリングがよくなった

打音を改良。フィーリングがよくなった

前モデルより、ロフトを0.5度立てたが、むしろボールは高くなり、スピンが少なくなった分、飛距離が伸びている。

ロフトを少し立てて8.5度に

芯を外したときの、フィーリング(打音)の劣化が少なくなり、ショットストレスが軽減。

画像: 打感がよくなって振り抜きやすい

打感がよくなって振り抜きやすい

基本的には、しなり量が少なく、全体的にしなる特性の、しっかりシャフトをチョイス。

画像: しっかり叩けるアトムスにチェンジ

しっかり叩けるアトムスにチェンジ

「G400は球が強くて前にいく」と話すキム。ドライバーで340ヤードを誇る飛距離がまだ伸びるのかもしれない。

画像: 統一感あるシンプルなセット

統一感あるシンプルなセット

現在発売中の月刊ゴルフダイジェスト12月号では、ドライバーだけではなく、チャン・キムの14本すべてが詳細に紹介されている。圧倒的飛距離のセッティングをぜひ、チェックしてみよう!

写真/有原裕晶

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.