気になる1本をクラブ設計家・松尾好員氏と堀越良和プロが試打して徹底分析! 今回は、44.5インチのクラブ長さとシャローフェースが特徴のロイヤルコレクション「RC SATR ドライバー」。ロイコレ初、ロフト角やライ角の調整が可能な1本だ。果たしてその性能はいかに?

シャローフェースでミスヒットに強い

国内男子プロが使用するドライバーの長さを元に誕生した44.5インチの短尺クラブ「ロイヤルコレクション RC STAR ドライバー」をプロファイリングします。

画像: 430㏄だが、シャローフェースで安心感がある

430㏄だが、シャローフェースで安心感がある

クラブ設計家・松尾好員氏の計測によると、「クラブ重さは実測で314.6グラムとやや重いですが、クラブ長さが実測で44.125インチと短い設定で、クラブバランスがC9.8と小さめなので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ慣性モーメントが283万g㎠に抑えられ、ヘッドスピードが40~41m/sくらいのゴルファーが、タイミング良く振れる設計となっています」。

また、松尾氏は「ヘッドはオーソドックスな輪郭形状とスクェアフェースでアドレスしやすくなっています。フェースの高さが低い“シャローフェース”が特徴で、非常に長い重心距離と深い重心深度で慣性モーメントが大きく、芯を外れたミスヒットに強くなっています」と分析。

ミート率アップ!安定した飛距離を得られるドライバー

実際に9.5度の標準Sシャフト仕様のクラブを試打した感想はどうだっただろうか。

松尾氏は、「シャフトが非常に軟らかい設定なので、ヘッドスピードが30m/s台のシニアゴルファーでも十分に扱えます。クラブ長さが44インチと短いのが特徴で、明らかにミート率が良くなり、ナイスショットが増えるでしょう。シャローフェースで球が上がりやすく、また高重心設定でバックスピンを得やすいので弾道は安定します。スピン不足で球がドロップしやすい人でもキャリーを維持できると思います」とコメント。

画像: スクェアフェースでターゲットに構えやすい

スクェアフェースでターゲットに構えやすい

堀越良和プロは、「ロイコレらしくスクェアに構えやすいヘッドです。ワッグルすると全体がしなるシャフトで、つかまりやすいイメージがあります。シャフトが短いので芯に当たりやすく、また重心が深いのでオフセンターヒットに強いのが特徴です。しっかり球がフェースにくっつく感じの打感なので、打ち分けできる点も好印象です」と言う。

最後にこのクラブに合うゴルファー像を問うと、松尾氏は、「おすすめは、クラブ長さが45インチほどの通常ドライバーで振り遅れてスライスする人に」。堀越プロは、「一発の飛びというよりも、安定した飛距離が出せるので、ドライバーが上手く打てないゴルファーの強い味方になってくれると思います」とそれぞれ教えてくれた。

詳細なクラブデータは週刊ゴルフダイジェスト11/7号「ギアプロファイリング」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.