2017年の「樋口久子三菱電機レディス」は台風の影響で2日間競技に短縮。プロ2年目の永井花奈がトータル7アンダーで初優勝を飾った。2016年のプロテストをトップ合格し、ツアー参戦2年目でつかんだ初勝利。安定感抜群のショット力を誇るスウィングをプロゴルファー・中村修が解説!

フェースがボールを向いたダウンスウィング

今大会、永井プロの2日間のフェアウェイキープ率は89.28%。パー3を除いた28ホールのうち25ホールでフェアウェイをキープしたということで、このショットの精度こそが初優勝の要因と言って構わないと思います。

方向性が抜群のショットを支えるポイントは、シャットに使うフェースのコントロールにあります。切り返し以降フェースを開くことなくフェース面がしっかりボールに向きながら下りてきます。拡大した画像(写真右)を見て下さい。左手首が手のひら側に折れるくらいに見えます。

左手首を手のひら側に折ると、フェースは閉じます。永井プロの切り返し直後のこの段階で、すでにフェースがほぼスクェアになっているのです。

画像: フェースがボールを向いたダウンスウィング

切り返し直後の段階でフェースがスクェアに戻っているわけですから、あとは体を回転させるだけでスクェアなインパクトが得られるわけです。インパクト直前に急激にフェースターンさせるのではなく、スクェアな時間が長い。だから曲がらない、方向性がいいというわけです。

テークバックで右に体重移動しながらバックスウィングを取るのが特徴の永井プロですが、フェース面の開閉を抑えて振るためには、右に体重移動しすぎるのは精度の面でマイナスに働くのでしょう、10月中旬の富士通レディースの練習日では、コーチ役のお父さん・利明さんが頭が右に動きすぎないよう、クラブで押さえて振る姿も見られました。

画像: 富士通レディースの練習日、父・利明さんに頭を押さえられた状態で練習する永井。この2週後、プロ初優勝の瞬間が訪れる

富士通レディースの練習日、父・利明さんに頭を押さえられた状態で練習する永井。この2週後、プロ初優勝の瞬間が訪れる

その富士通レディースで予選落ち。その翌週のNOBUTA GROUP マスターズGCレディースでも予選落ち。しかし、お父さんとの取り組みが身を結んだのでしょう、冒頭に挙げたフェアウェイキープ率89.28%という驚異的数字を叩き出しての優勝となりました。

地道な努力が身を結んだプロ初優勝。永井プロ親子にとって、最高のプレゼントだったと思います。

写真/大澤進二、岡沢裕行

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.