11月号の巻頭特集は、激論「愛のあるカメラ選び」となっております。が、全3日間・トータル15時間にもおよぶ座談会ということで、誌面で掲載されるのはほんの一部でしかありません。ということで、ここでは様々な理由により本掲載に及ばなかった収録部分をサルベージ、ここに「流出」させていただきます!

Day2 富士フイルム

山田:X-E3はシルバーとブラックでイメージがぜんぜん違うんだよね。
阿部:クロームの方はローライに見えるし、ブラックはコンタックスに見える…。
豊田:海外に行くと、この(ペンタ部の)FUJIFILMってロゴに黒いテープを貼ってる人がけっこういるんですよね。
山田:そう。意外なくらい多いんだって。
豊田:このロゴって、あんまり好かれていないのかな、と思って。
河田:ロゴが嫌いなの? フジを使っている人ってうるさ型が多いから、写り込みとかを気にしているんじゃないの?
豊田:反射かー。
阿部:分からないな、それは。
河田:フジは凝り性の人が多いから。
山田:その昔は、この(ペンタ)部分の文字数の多いメーカーって、長続きしないって言われてたじゃない(笑)
河田:いや、いや、いや(笑)
阿部:コニカミノルタですか(笑)
河田:あれは長すぎ!
阿部:でもさー、あれをそのまま(ペンタ部に)入れちゃうってさー。銀行じゃないんだからさ(笑)
河田:今はシンプルに4文字ですけどね(笑)
豊田:いい加減、カメラの正面にメーカー名を入れなきゃいけないっていう縛りはなくしでもいいと思います。
河田:確かに。
山田:フジカじゃダメ?
豊田:まだフジカのほうがいいかな(笑)
阿部:(X-T20を見ながら)でも、フジはちゃんとテープを貼りやすい場所に入れてるから。おでこの下の方だから、許してあげてよ(笑)
河田:テープが貼りやすい場所って(笑)
豊田:X-Pro2は天面だけなんでよね。
山田:そう。かっこいいよね。匿名的で。

X-T2 電池の保ち

豊田:1000枚なんて撮れたことないですって。たとえ連写にしても…。
山田:そう? 僕はコンスタントに1000枚以上は撮れるよ。
阿部:僕も1000枚は撮れなかったなぁ。いろんなとこをチャカチャカ触っているからかも知れないけど。
山田:おそらく僕の場合は、撮る一瞬、ほんの少し前にだけ電源を入るからかも。あと、撮り終わったらバッファ書き込んでるのに切っちゃうんですよ。
河田:最短で切れるようにボディに任せるってことですね。じゃあスリープとかは使わないってこと? 
山田:ぜんぜん使わない。
阿部:なるほど、それがいいのかな。
河田:その部分は大きいかもしれないですよね。
山田:旧デジタル世代ですから。
阿部:電池は切ろう、とにかく切ろうっていう(笑)
河田:こまめに切りましょうよ、皆さん(笑)
山田:そう。
阿部:トイレの明かりと一緒ですね(笑)
山田:その成果が今、ここに生きている。
阿部:じゃあ、メインスイッチのところに電源はこまめに切りましょうって貼っておけば忘れないかも(笑)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.