東京マラソンに初当選した方。12月のホノルルで初フルに挑む方。とにかく42.195㎞という、とても長い距離に初めて挑戦するという方には、必ずやお役立ちできる1冊です。ランニングマガジン・クリール編集部が手掛けた『マラソン完走マニュアル2017-18』が本日、10月31日に発売となりました。

巻頭特集では、家族全員がランナーという“公務員ランナー”川内優輝選手(長男)のご自宅を訪問。秘蔵写真やケアグッズの紹介に母&弟たちのインタビューも。また、2000年のシドニー五輪女子マラソン日本代表の市橋有里さんが、この秋に何と17年ぶりにシドニーを訪れて10㎞レースに出場。その翌日、“美しき涙”に始まったインタビューを完全収録しています。

走るというのは、誰でもすぐにできる簡単なこと。しかし、マラソンレースに2、3回出たくらいですべてを知った気でいると、後でとんでもない大恥をかきかねないのが、陸上競技・マラソンの世界です。中上級者でも、他競技の出身者は多くがきっと知らないだろうネタが、最初の特集「マラソン虎の巻」にはあるはずです。

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/458362526X

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.