カーAVN「エクリプス」ブランドでおなじみの富士通テンの資本構成が変更、新たに「株式会社デンソーテン」という社名となった。

大株主が富士通からデンソーへ


従来の資本構成では、富士通が55%、トヨタが35%、デンソーが10%という出資比率だったが、変更後はデンソーが51%、トヨタが35%、富士通が14%という比率になる。
ただし市販カーナビやドライブレコーダーでおなじみの「ECLIPCE(エクリプス)」ブランドはそのまま継続される。

「テン」の名前の由来とは?

社名の語源となる「テン」は、川西機械製作所の初代社長であり、後に会長となる川西龍三氏の発案により、1946 年に商標として制定されたもの。
「テン」は、最高・至上を意味する「天」のことであり、中国古典の「中庸」に記されている『誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。』 という一節より引用している。
「商売は誠実に!」「商品は至高無上のものを作ろう!」という想いが込められているという。

画像: 東京モーターショー2017のブースの社名ロゴも、本日より変更される。

東京モーターショー2017のブースの社名ロゴも、本日より変更される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.