2017年トロント国際映画祭観客賞受賞!!本年度アカデミー賞(C)最有力
『スリー・ビルボード』

アメリカの片田舎の大通りに並ぶ3枚の看板に、ある日突然、現れた真っ赤な広告。
それは、何もない田舎町に吹き荒れる、予想もしない嵐の前触れだった──。

アカデミー賞(C)作品賞に最も近い賞として近年注目される、トロント国際映画祭観客賞を受賞。
先に開催されたベネチア国際映画祭でも脚本賞に輝き、早くも本年度賞レースの大本命との呼び声も高い超話題作「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」(原題)が、邦題『スリー・ビルボード』とし、2018年2月1日(木)より全国ロードショーされることが決定した。

ミズーリ州のさびれた道路の3枚の広告看板にメッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。
犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。
署長を敬愛する部下や町の人々に脅されても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に、次々と不穏な事件が起こり始め、やがて思いもかけない、誰もが想像できないドラマが始まる──。

画像: 2017年トロント国際映画祭観客賞受賞!!本年度アカデミー賞(C)最有力 『スリー・ビルボード』

ミルドレッドを演じるのは、アカデミー賞(C)に4度ノミネートされ、『ファーゴ』で主演女優賞を獲得した、誰もが認める現代最高の名女優フランシス・マクドーマンド。
署長には同賞に2度ノミネートされた『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、彼の部下には『コンフェッション』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞したサム・ロックウェル。
監督は、26歳で劇作家として衝撃のデビュー以来、常に全世界の演劇界を震撼し続ける鬼才マーティン・マクドナー。映画界でもデビュー作でいきなりアカデミー賞(C)短編賞を獲得。長編3作目となる本作でついに映画界でも頂点を極めようとしている。

各々の大切なものを守るために、予想もしない道へと外れていく大人たちをダークなユーモアを潜ませて熱く切なく描き、観る者を途方もない結末へと連れ去る究極のクライム・サスペンス。

画像: (C)2017 Twentieth Century Fox

(C)2017 Twentieth Century Fox


【STORY】

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー『セブン・サイコパス』
出演:フランシス・マクドーマンド『ファーゴ』、ウディ・ハレルソン『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』、サム・ロックウェル『コンフェッション』、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイジ、ルーカス・ヘッジズ

原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox

2018年2月1日(木) 全国ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.