日本映画界を代表する俳優、中井貴一×佐々木蔵之介のダブル主演で贈る『嘘八百』が2018年1月5日(金)より全国公開されます。

本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメントです。

2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』の監督・武正晴と脚本・足立紳による注目コンビに、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子がタッグを組んで贈る極上のコメディ作品となっております。

W主演の脇を固める友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣ら超豪華&個性豊かな俳優陣が揃ったことでも話題を集める本作から、この度、脇を固める豪華俳優陣を配した最新ビジュアルと、中井&佐々木演じる“骨董コンビが”がコミカルなドタバタ本予告が解禁されました!

画像: (C)2018「嘘八百」製作委員会

(C)2018「嘘八百」製作委員会

本予告では、中井貴一演じる空振りばかりの古物商・則夫が古びた蔵で千利休が遺したといわれる“幻の茶器”の発見から始まる。
しかし、喜びもつかの間、譲り状と木箱はあるのに肝心な茶器がないことが判明!
そんななか巡り合わせか出会あったのは佐々木蔵之介演じる腕は立つのに落ちぶれた陶芸家・佐輔。則夫「あと茶碗がそろえばゼロの数が違ってくるだろ!」と熱弁を振るい、本物とまごうことなき贋物を仕立て、ふたりで一攫千金の大勝負を持ちかける。
そこで弱気になる佐輔を一蹴するは、友近演じる佐輔の妻、康子。「アンタ、いきなり来て、すき焼き呼ばれている人に好き勝手言われて悔しくないん?」ぴしゃりと一言にしょんぼり顔を見せる佐輔(佐々木)の恐妻っぷりも見どころだ。
その後中井と佐々木がタッグを組んで演じる“冴えない骨董コンビ”が因縁の大御所鑑定士相手に二転三転どんでん返しさせていく騙し合いは、国をも巻き込む大騒動に発展! ふたりのコミカル且つ人間味あふれる演技に注目です。

また、本映像では脇を固める豪華俳優陣の姿も確認でき、森川葵演じる則夫の娘、いまり、前野朋哉演じる佐輔と康子の息子、誠治、近藤正臣演じる大御所鑑定士の棚橋や、筆跡鑑定をもくぐり抜ける複写の達人で居酒屋のマスター西田(木下ほうか)、紙職人の表具屋のよっちゃん(坂田利夫)、利休を愛してやまない利休オタクの学芸員田中(塚地武雅)など、キャラの濃い個性豊かな面々のこれでもかと畳み掛ける掛け合いや愉快なてんやわんやには笑わずにはいられない。“笑う門には福来る”2018年の初笑いにぴったりなドタバタコメディを期待させる本予告映像となっています。

画像: 中井貴一と佐々木蔵之介のW主演!武正晴監督『嘘八百』本予告 youtu.be

中井貴一と佐々木蔵之介のW主演!武正晴監督『嘘八百』本予告

youtu.be

【物語】 
大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!
ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかにーー?

監督:武正晴 (『百円の恋』)  
脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣
2017年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル 
配給:ギャガ   
(C)2018「嘘八百」製作委員会 

2018年1月5日(金)より全国公開 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.