プロのアイアンの弾道は高い。グリーン脇で待っていると、上からドンッと落ちてくる。しかも高いだけでなく、飛距離も十分。一方我らアマチュアゴルファーは、アイアンでも弱々しいスライスボール……。そこで、弱いスライスを強いフェードに変身させる方法を、プロゴルファー・中井学に聞いた!

スウィングにひと工夫で大変身

アイアンは「高めだけど飛距離が出ない」という人は、スウィングにひと工夫が必要です、と中井学プロは言う。

「フェースが開いたままアウトサイドからインパクトしてしまうなら、左腕をピンと伸ばしてスウィングするのが効果的。こうすると、左肩からクラブヘッドまでの距離が変わらないため、ミート率がアップする。手元が浮かないので、フェースがスクェアに戻りやすい。スウィング弧が大きくなって、横からスウィープに打てる、といいことずくめです。

ダフりやすい人なら、ヘッドをクリーンに入れる感覚を取り入れてもいいですね。これで、横から真芯でボールをとらえるスウィングに変身できるはずですよ」(中井、以下同)

画像: 「左ひじを伸ばすとスウィープに打ちやすくなります」

「左ひじを伸ばすとスウィープに打ちやすくなります」

ポイント1:左腕を伸ばしたままスウィングする

「左腕の曲げ伸ばしやしなりを使わず、左腕を伸ばしたままスウィングします。これで、肩からクラブヘッドまでの距離が一定になるため、打点が安定します。ハンドファーストを意識しないで、クラブに任せて振るのがポイントです」

画像: テークバックでもダウンスウィングでも左腕を曲げずにスウィングする

テークバックでもダウンスウィングでも左腕を曲げずにスウィングする

ポイント2:目とボールの距離をキープする

「目とボールの距離を保つことができれば、ミート率はアップします。ただし、体の前傾角を変えないようにすると、体がスムーズに動きにくくなるので、目とボールの距離を保つことに集中してスウィングします」

画像: 前傾角度を維持しようと意識しすぎるとスウィングが窮屈になるので、目とボールの距離を意識しよう

前傾角度を維持しようと意識しすぎるとスウィングが窮屈になるので、目とボールの距離を意識しよう

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト2017年11/21号の特集「『すくわず』に打てた! 高弾道アイアン」より。プロみたいな切れ味鋭いアイアンを打ちたいと思うゴルファー必見の内容だ。

写真/増田保雄

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.