「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月6~12日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦3試合とダブルス1回戦2試合が行われた。

 シングルスは、第7シードの添田豪(GODAI)、第8シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)、クォン・スンウー(韓国)が2回戦に駒を進めた。

画像: シングルス2回戦に進出した第7シードの添田豪(GODAI)

シングルス2回戦に進出した第7シードの添田豪(GODAI)

 10月に世界スーパージュニア(ITF Grade A/大阪・靱テニスセンター/ハードコート)で優勝を飾った18歳の清水悠太(イカイ)は今大会にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したが、添田に2-6 0-6で敗れた。

 ダブルスでは、第4シードのジーヴァン・ネドゥンチェリヤン(インド)/クリストファー・ルンガット(インドネシア)とガオ・シン/ジャン・ザ(ともに中国)が初戦を突破した。

 予選決勝も行われ、第3シードのルーカス・ミードラー(オーストリア)、第4シードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)、第6シードの福田創楽(イカイ)、第8シードのマリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)の4人が本戦入りを決めている。

 11月7日(火)は11時00分から、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス1回戦

○6クォン・スンウー(韓国)3-6 6-3 7-6(4) ●5内山靖崇(北日本物産)

○16ジョン・ミルマン(オーストラリア)[8] 6-3 6-4 ●15吉備雄也(ノア・インドアステージ)[WC]

○17添田豪(GODAI)[7] 6-2 6-0 ●18清水悠太(イカイ)[WC]

ダブルス1回戦

○9ガオ・シン/ジャン・ザ(中国)6-4 6-4 ●10ティムラズ・ガバシュビリ/ピーター・ポランスキー(ロシア/カナダ)

○12ジーヴァン・ネドゥンチェリヤン/クリストファー・ルンガット(インド/インドネシア)[4] 7-6(5) 6-3 ●11伊藤竜馬/高橋悠介(北日本物産/三菱電機)

画像: ダブルス1回戦で敗れた伊藤竜馬(右)/高橋悠介

ダブルス1回戦で敗れた伊藤竜馬(右)/高橋悠介

シングルス予選決勝

○8マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)[8] 6-3 7-5 ●3越智真(江崎グリコ)

○16福田創楽(イカイ)[6] 6-4 6-2 ●9ヤン・ツン フア(台湾)[2]

○17ルーカス・ミードラー(オーストリア)[3] 4-6 6-3 6-3 ●22仁木拓人(三菱電機)

○25綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)[4] 7-6(3) 6-4 ●29徳田廉大(フリー)

写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.