100を切りたいゴルファーの最大の悩みといえば、ラウンド中に突如止まらなくなるドライバーのスライスボールではなかろうか。それを防ぐにはどうしたらいいのか。ラウンドレッスンの経験が豊富な宮内希幸プロに対処法を教わった!

突発性スライスには“ふたつの理由”がある

「100を切れないレベルのゴルファーがラウンド中にスライスする場合、その原因はふたつ考えられます」

そう切り出した宮内プロ。そのふたつの原因とは一体なんだろう?

「ひとつめは、アウトサイドイン軌道になっている場合です。ボールが左に飛び出して、その後右に曲がる場合、こちらを疑ってください。クラブがターゲットラインの外側から入ることにより、ボールにスライス回転がかかるミスです」(宮内)

画像: 左に出て右に曲がるスライスの場合、アウトサイドイン軌道を疑おう

左に出て右に曲がるスライスの場合、アウトサイドイン軌道を疑おう

宮内プロによれば、左に出て右に曲がるスライスが出た場合、まずチェックすべきはアドレスだという。

画像: ボールを真上から見るアドレス(写真左)ではなく、ボールを右から覗き込むように構えよう(写真右)。アドレスでヘッドとボールをボール1〜2個分離して構えるのも効果的

ボールを真上から見るアドレス(写真左)ではなく、ボールを右から覗き込むように構えよう(写真右)。アドレスでヘッドとボールをボール1〜2個分離して構えるのも効果的

「アウトサイドインを直すには、インパクトでの体の突っ込みを抑えるのが近道。頭がボールの後ろにあれば、アウトサイドイン軌道にはなりにくいですから。そして、インパクトで体が突っ込む人の多くは、アドレスですでに頭がボールの上か、それより前にある場合が多い。アドレスでボールを右側から覗き込むように構えて、その状態をキープしたまま振ると、アウトサイドイン軌道によるスライスは抑えることが可能です」(宮内)

インサイドアウト軌道が強すぎる人は体を“止める”意識でオッケー

もうひとつのパターンはアウトサイドイン軌道とは真逆。インサイドアウト軌道が強すぎて、フェースが開いた状態でインパクトを迎えてしまうパターンだ。右に飛び出したボールが右に曲がるスライスに悩んでいる100切りゴルファーは、こちらのパターンを疑うべき。

「このパターンの方は、体を回そうという意識が強すぎて振り遅れ状態になっています。ですので、まずは体を回す意識をやめ、反対に体をインパクトで止めるイメージを持ってもらいたい。そして、クラブはターゲットラインの“左”に振り切ること。このように振ったほうが、ボールをつかまえられます」(宮内)

画像: 体を回そうとするとインサイドアウト軌道が強くなりすぎる(写真上)。体は止める意識で、左に振り抜こう(写真右)

体を回そうとするとインサイドアウト軌道が強くなりすぎる(写真上)。体は止める意識で、左に振り抜こう(写真右)

ラウンド中にスライスを連発してしまうと、頭の中が真っ白になり、なにがなんだかわからないうちにスコアを崩しがち。スライスが出るのは仕方ない。左に出て右に曲がったか、右に出て右に曲がったか、まずは結果から原因を分析し、上に挙げた対処法を実践してみよう。突然つかまったドローボールが打てるとまでは言わないが、効果はあるはずだ。

撮影:姉崎正 取材協力:アクアラインゴルフクラブ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.