Google Chromeは10月下旬にリリースされたバージョン62より、SSL化されていないすべての入力フォームにおいて「保護されていません」という表示が出るようになりました。その実際の表示内容を紹介する記事が『常時SSL Lab.』で紹介されています。

Chrome 62「保護されていません」アドレスバー表示の実際

Chromeはすでにバージョン56より、パスワードなど高セキュリティが要求される入力フォームに限り、非SSL環境では警告が出るようになっていました。今回のバージョン62ではすべての入力フォームページが対象となったほか、シークレットモードでは入力フォームに限らずあらゆる非SSLページで「保護されていません」と表示されてしまうようです。

画像: 常時SSL Lab. zenlogic.jp

常時SSL Lab.

zenlogic.jp

Googleは将来的に、シークレットモード以外も対象にすると予告しています。ユーザーの不安を煽らないために、すべてのWebメディアにとって常時SSL対応は必須になったと言えるでしょう。詳しくは、下記『常時SSL Lab.』の記事をご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.